金曜夜中からバンコクへ

日本はGW!きっとバンコクに行く方もチラホラいるかな〜と思い、私たちの弾丸旅行の旅程をシェアさせていただきだきます。

まずは金曜の旅程は…
夜中バンコク到着

空港からGrabアプリで車を呼び、ホテルへ

即寝る...zzZ

フルで使える土曜日の旅程は?

6:15 コンビニで朝食を調達

6:30 ダムヌン・サドゥアック水上マーケットツアーに参加

13:00 解散場所のホテルからトゥクトゥクで移動。Som Tam Nuaでランチ

旬のマンゴーを堪能しに、徒歩でMango Tangoへ

電車でホテルに戻ってプールで遊ぶ

17:30 電車でインスタ映えで有名なラチャダー鉄道市場へ

19:00 タクシーでSeafood Sornthong Pochanaへ。ここで夕ごはん

21:00 ホテル到着

満足度が高かった!水上マーケットツアー

VELTRAというツアーサイトで事前に予約した、こちらのツアー。水上マーケットまでエンジン付きのボートで移動したのですが、それが思わず笑ってしまう速さ!

水上で生活している人々の様子を垣間見ながら、ツアーというよりは遊園地のアトラクションに乗ったような気分を味わえました。

手漕ぎボートで廻った水上マーケットではビールとココナッツアイスを購入。どちらもキンキンに冷えていて、とっても美味しかったです。時間が無いときは半日だけでもツアーに参加すると、効率良く廻れますよ!

暗くなってからがオススメ!ラチャダー鉄道市場

私たちが行った時間はまだ開いているお店はまばらだったのと、まだ日差しが強く、子供たちからも「暑ーい」「疲れたー」のブーイング。せっかく行くなら18:30以降に行きましょう。

日も落ち、お客さんも増えて賑やかになり、子供も縁日に行ったような楽しい気分に。外が暗くなるためインスタ映えする写真もきっと撮れます!

予約必須!シーフードレストラン

お酒も飲んで、お腹がはち切れそうなほど食べて、6人で¥6,000ほど!ここのサテーとプーパッポンカリーは絶対食べてほしい一品。

半日使える日曜日の旅程は?

7:00 ビブグルマンに選出されたお粥屋さん(Jok Prince)で朝食

8:00 タクシーでワット・ポー(ねはん寺)へ

水上ボートでチャオプラヤー川を渡る。時刻表はなく、定員になったら出発

9:30 ワット・アルン(暁の寺)前でタイ衣装を着て記念撮影

水上ボートで対岸へ戻る

10:00 タクシーで空港へ

トゥクトゥク詐欺には要注意!

ワット・ポーの入り口まで歩いていると、「まだ開いてないから、開くまでの間、トゥクトゥクで他の観光スポットに連れて行ってあげる」というドライバーからの誘い。

無視してワット・ポーに行ってみると既にオープンしており、さっきのがデマだったことが判明。皆さまお気をつけください。(写真のトゥクトゥクドライバーは適正料金で目的地まで連れて行ってくれた方でした!)

1人約300円で記念撮影

ワット・アルン前の広場では1人¥300ほどでタイの民族衣装を着せてくれるという屋台が。せっかくなので、その場で娘を着替えさせ、親はパシャパシャ記念撮影。着せられてる感たっぷりですが、親的には良い思い出に…。

週末だけでも十分楽しめました!

時間があれば、もっと行きたい場所やしたいことはもちろんあったけど、限られた時間の中でも親子共々とっても充実した旅行になりました。いずれも未就学児でも行けるスポットなので、週末だけでも海外旅行行きたーい!というファミリーは是非諦めずに行ってみてください。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
sariさん

夫、6歳&3歳の娘と4人で海外生活中。シンガポールとベトナムでの子育て経験をもとに、アジアの子連れ観光スポットや、現地の教育事情など、日本にいる方にもきっとタメになる情報をお伝えしていきます。

sariさんの記事一覧 v-right