GW中、一気にトイトレを進めようと考えていらっしゃるママも多いのではないでしょうか?

うちは4歳過ぎて、未だオムツ。

パ◯パース代で何が買えたかな〜?考えると虚しいです。

もちろん、これまで何もしなかった訳ではありません。布オムツの方がオムツ外れが早いときいては、保育園に入るまで布オムツで育てたり。お座りが出来る前から便座に座らせてみたり。

むしろ、頑張っていた方だと思います。

2歳で入った認可外の小規模保育園では、オシッコ成功!との報告があったり。このまま、順調に外れるものと思っていました。でも、そこからの道のりが遠かったのです。

2歳までの小規模保育園を卒園となり、転園。「変化に弱い」、「こだわりが強い」といった発達障害児の特性を発揮して、頑なにトイレを拒否するようになりました。

いえ、トイトレどころか、そもそも、上靴を履けるようになるのに2カ月もかかりました。靴は自分で履けるのですが、室内で上靴を履くことが許せないようでした。

仕方なく、上靴を履かずに過ごせるエリア、おままごとコーナーが息子の定位置に。今でもプラレールの次におままごと大好きです。

トイトレに話を戻しますと、転園して半年ほど経った頃、保育園の先生から、とっても嬉しそうに

「今日、トイレに誘ったら、トイレを見に来てくれました!」

と報告を受けました。「トイレを、見に、来た?」、、、、先生のテンションの高さに反比例して、私のテンションは急降下しました。

慣れてきてくれたことは喜ばしいことではありますが、半年かけて「トイレ見ただけ?」半年前は、オシッコ出来てたのに。

そこで急遽、私のトイトレ本気モードのスイッチがオン。

4歳目前になって今更ながら「おまる」を買って、リビングに設置しました。古いタオルをスタンバイして、家で過ごす日はお兄さんパンツ。ちょこちょこトイレに誘って、失敗して、時間を記録。早い時は40分弱。短い!

それでも、私は、既に本気モード入ってますから、諦めず、タイマーかけてちょこちょこ声かけ。その甲斐あってか、家では割と自分でパンツを脱いでおまるで出来るようになりました。気が向けばちゃんとトイレにも行きますし、1カ月も経つと、自分で脱ぎ履きも出来てきました。

そこで、いよいよウンチにも挑戦させることにしました。

オナラが出始めたらウンチに誘う。拒否されたら諦める。進歩がないので、続いてモノで釣る作戦へ。

プラレール好きの息子が1番欲しがっていた「はやぶさ」をエサに、「トイレでウンチが出来たら、はやぶさがもらえます」と約束しました。

それからと言うもの、会う人会う人、来る日も来る日も「ウンチが出たら、はやぶさもらえる?」と繰り返し訊くようになりました。でも肝心のウンチは全く出ず。トイレで頑張っても出ない日が続きます。

そしてふと気づいたのです。最近、ウンチ自体してないということに。

まあでも保育園で出てるのだろうと、軽い気持ちで先生に訊いたところ、「保育園では、オムツでもウンチはしたことありません」と言われました。え?10時間過ごしているのに、出てない? 1年近くも!?

そして改めて、最後に自宅で出たウンチを思い出すと、2週間以上前。食べる量も減っているし、心配になって小児科で診てもらうと、硬い便があって蓋になってるとのこと。早速、浣腸されました。しかも、5日間、毎日。

もう嫌がる嫌がる。

保育園の先生に話したら、以前、やはりひどい便秘の子がいて、腸が変形してしまっていたそう。怖いですね。

この件があって、トイトレ、焦るのは、止めました。浣腸を頑張ったご褒美に、はやぶさも進呈。以来、オムツのまま、トイトレ停滞中。4歳5カ月を迎えました。

平成から令和へ持ち越しとなりますが、気長に待つことにします。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みずちさん

発達凸凹のある4才息子がいます。プロの助けを借りながら、子育てと仕事に奮闘中。ライター記事では発達や療育について、ママブログではおすすめ絵本、家計、子育てネタを中心に書いていきます。

みずちさんの記事一覧 v-right