どんな人と結婚しましたか?

ママの皆さんはなぜ 今の旦那様と結婚しましたか?一緒にいて楽しいから、安心するから、気が合うからなど様々な意見があると思います。

では、本当にその人は自分に合っているいるのかどうか?そんなこと聞かれて、自分によく合っている!と即答できる人はどれくらいいるのでしょうか?そもそも、合っているって何を基準に言うの?と思ってしまいます。

かくゆう我が家も合っているかと聞かれると・・ハテナ?という感じですが、これだけは言えます。「私は今のパパと結婚して娘を授かって幸せです」と。

ママは「感情的」 パパは「理論的」

先ほどの質問の合っているかどうかということについてですが、我が家はママである私が感情的、パパは理論的でこの点については全く正反対なんです。なので合っているかというと正反対だからどうなのか・・とも思うし、半々でお互いのない部分を補っているから丁度いいじゃない。といわれればそうなのかもしれません。

例えば、
ケース【1】我が家のご飯作りはすべてママ担当、たまにはやってというと、冷凍食品やコンビニでいいじゃない言われる・・・
ママ:コンビニのごはんや冷凍食品なんて添加物が入っていて、毎日食べると体によくないよ!
パパ:添加物の何が悪いの?どんな種類がどのように作用するの?コンビニのごはんの保存料はしょせんアミノ酸だから問題ないよ。

ケース【2】洗濯もほぼママ担当、たまにやってと頼むと・・・
ママ:晴れているときは乾燥機より、外に干したほうが洗濯ものもおひさまのにおいがして気持ちいいでしょ。だから外に干してほしいよ。
パパ:おひさまのにおいはダニが死んだときのにおいみたいだよ。乾燥機のほうが干す手間や取り込む手間はぶけるし高温で清潔でしょ。

などなど 理論的に反論されるのでママは返す言葉もありません。この点についてはイラっとすることが結構あります。

薬剤師と聞くと理数系で理論的と思われがちですが、実際は?

もともと二人とも薬剤師の免許を持っているのですが、ママの私は薬局勤務です。理論的に考えることももちろん大事ですが、患者さんの痛みや気持ちに寄り添いお薬をお渡しする・・いい意味で感情的になることも大事だと思っています。

一方、パパはメーカーで研究職勤務。日々、実験をし化学記号と数字とにらめっこしているようです。そのため感情論は不要、データ命の理論的な思考になるのだと思います。

パパには口では勝てない・・イラっとすることもあるがそれよりも頼りになることが多いんです。

ママは大体論破されるので、イラっとすることが多々あるのですが、パパが理論的ゆえに頼りになることが多いのです。

例えば、大事なことを決めるとき、我が家では住宅購入時、保険に加入時などなど、慎重に考えなくてはいけないときに、ママの私はよく分からないことことが多く・・・というよりパパが理論的でしっかりしているので、横でボケっとしているだけなのかもしれません(笑)

よくお話ししている相手の方から「ご主人、お詳しいですね、この関係のお仕事ですか?]などと聞かれることが多く、その度に私は鼻が高くなります。

かくゆう私に向かって放たれる言葉は、「奥様、専業主婦かと思った。英文科とかいってたと思いました。」・・などなど 実はリケジョで薬剤師なんて誰もこれっぽっちも思いません。

常に理論的で冷静なパパ。感情的にならないので冷たいな~と思うこともありますが、頼りになることが多く何より娘に対して優しい。その点が、今のパパと結婚してよかったと思うところです。

私は沸点が低いといわれ、娘に対しても感情的になって怒ってしまうことも多々あります。一方、パパは本当に必要なときしか娘に注意しません。私も見習いたいと思うのですが、なかなか・・パパは忙しい人なので平日、下手したら休日もママはワンオペ育児に近いので許してほしいなと思うのが本音です。

その子供はどっちに似た?!

さて、感情派ママと理論派パパの間に授かった娘はいったいどっちに似たのでしょうか?

もちろんまだ3歳にもならないのではっきりとはわかりませんが、、今のところ理論派パパではないかと思っています。(ママの願望かもしれませんが、、)

たとえば、娘は通常ならイヤイヤ期真っ最中の年ですが、今のところそのイヤイヤでひどく親を困らせるようなことはありませんでした。それなりに自分の思い通りにならなくてイヤー!ダメー!などはありましたが、突然の原因不明のイヤ!などはなく。

親が「~だからダメなんだよ。」と理由をいうと、「あーそうなんだ」といってほどなくすると治まります。たぶん本当は良く分かってないんでしょうけど、仕方ないなという感じです。聞き分けがいいのかなと。他の親から見たら家に娘は育てやすいのではないかと思っています。(それでもママは毎日てんやわんやですが・・・・)

ちなみに顔はどっちに似たかというと・・・

ちなみに、お顔のほうはどっちに似たかというと・・・9割がたママではないかと思っています。目が垂れているところがパパに似たくらいで他は完全にママ似です。

ママは自分の釣り目が好きではなかったのでこの点はうれしいのですが、お鼻もママの低いのが遺伝してしまったらしく・・・パパの高い鼻ににてほしかった。(本音)

それでももちろんかわいい我が子です。これからパパの要素とママの要素どれくらい受け継いで成長してくれるか楽しみです。

夫婦正反対の性格の我が家でも毎日楽しく暮らしています。今のパパと結婚出来て幸せです。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ママとこどものおくすりやさんさん

『薬局に訪れた患者さんに笑顔になってもらう!』を目標に毎日楽しく薬局でお仕事をしている薬剤師です。また、おしゃれ カフェ スイーツ フラワーアレンジメントが大好きな2歳女の子のママです。

ママとこどものおくすりやさんさんの記事一覧 v-right