ワタクシゴトですが、わが家の甘えん坊BOYが4歳になりました!よく食べ、よく動き、よく食べ、よく寝て、よく食べて…ぐんぐん大きく成長中。

夏のお誕生日事情:ケーキが美味しく感じない。

さて、お誕生日パーチ―に不可欠な『お誕生日ケーキ』なのですが。この季節、ケーキと言えば…の主役”いちご”が売ってない!暑い時期に、生クリーム+スポンジケーキに魅力を感じない…。胃にすーっと軽ーいケーキが食べたい!

というわけで、わが家は毎年ヨーグルトケーキがお誕生日の定番ケーキになりました。(本当はアイスケーキも挑戦したいんだけど、冷凍庫に食べるまで冷やしておくスペースがない…)


作業時間5分で完成!ヨーグルトケーキ

<材料>
・無糖ヨーグルト 1パック(400~450g)
・生クリーム 1パック(200ml)
・砂糖 50~70g(適当)
・レモン汁 少々
・ゼラチン粉末 5g

(土台用)
・クラッカー
・バター又はマーガリン

*事前準備*
・無糖ヨーグルト1パックを水切りしておく。(うちは前日夜から仕込んでおきます)
・クラッカーを粉々にくだいて、溶かしたバターと混ぜて、型に敷き詰めておく

*作業*
①砂糖を加えた生クリームを6分立て程度に泡立てる
②事前に用意しておいた水切りヨーグルトと①とレモン汁を混ぜ合わせる
③水(分量外)でふやかしたゼラチンをレンジでチンして溶かし、②に加えて均等に混ぜ合わせる
④準備しておいた型にながして冷蔵庫へ
⑤固まったら好きなように飾りつけして完成

作業①~④で約5分!ゼラチンで冷やし固めるだけだから絶対失敗しない!←お菓子作り素人の超重要ポイント

パーティーの献立は?

今年はこんな感じにしました。

①骨付きチキンのスパイス焼き:スーパーで下味ついてるものを焼いただけ
②ホットカプレーゼ:カットしたトマト・アボガドの上にチーズのせて焼いただけ
③キッシュ:冷蔵庫内の残り野菜を玉子と混ぜ合わせて炊飯器で炊いただけ
④パン:パン屋さんで買ってきただけ

時短メニューが大好きな私の「だけだけシリーズ」。焼いただけ…買っただけ…。


息子:3歳→4歳の成長

・トレーニング箸から、通常のお箸へ移行

・反抗するようになってきた

・数字・ひらがなが読めるようになった

・自転車が乗れるようになった

・のりもの以外にも、戦闘ものや、恐竜などにも興味がひろがった。ブロックで作るものは、乗り物か武器かロボットか…。

子ども達は私の宝物です。

不妊治療でやっと授かったわが子達。妊活当時のことを思い出すと、今ある生活がとてもありがたいものなんだなーと感じるわけです。毎回毎回、生理が来るたび落ち込み…今思い出してもツライ。

子ども達一人一人に思うことは多々あるけれど(「遊ぶ前に勉強終わらせて!」「テレビばっかり見ない!」「お野菜も食べる!」などなど)大きな病気・ケガもせず、毎日元気よく過ごしてくれることに感謝しながら、おだやかな心でいられる母を目指します。

子ども達の誕生秘話は、以前、ぎゅってWebの姉妹サイト「あんふぁんWeb」にて記事を書いたので、ご興味ある方は読んでみてくださいね。

(余談ですが…)
わが家のアイドルうさぎのピノちゃんもお誕生日。娘が王冠を作ってくれました。大人しくかぶってくれるピノちゃん(笑)
実は、子ども達よりも年長さん(10歳)。子ども達への対応が、うさぎながらに仙人の域!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さいかなさん

フルタイムで働くママ。仕事もバリバリこなしたい!でも家庭も大事にしたい!何を優先すべきか日々模索中。趣味はおでかけ。ヒマさえあれば、旅行ガイドブック読んで脳内トリップ!

さいかなさんの記事一覧 v-right