みんなー!つかれてるー!?

イェーイ!疲れてるー!!この夏、うっかり腐らせが怖くてアマノフーズさんのフリーズドライ味噌汁で過ごしているダラ主婦一家ですこんにちは!そんなダラでも、体調が悪くても、とりあえずどこかに連れて外に出なければならないのが夏休み…熱中症も怖いから、毎日公園というわけにも……そんな我が家が行ってよかったお出かけスポット4選です。

1.上野 真夏の夜の動物園 2019年8月10日(土)〜8月16日(金)

暑い昼間はお家で過ごして、夕方からお出かけ…上野動物園は「真夏の夜の動物園」を開催中。普段見られない姿を見られるとあって、子供も張り切ってます。

夕方から入園がオススメ

動物たちの健康のため、はやじまいしてしまう動物もいるため、16時くらいからの入園がオススメ。17時あたりでも、すでに寝支度をするリスやプレーリードッグが見られました。まだ明るいので子供でも見えます。

オススメはサル舎

ふだんはケージのほうにいるサルたちですが、寝間はその裏手。ガラス張りですぐ目の前に来てくれます。うちの子たちは、小さなおもちゃやぬいぐるみを持っていって、ブラッザグエノンのきょうだいたちに遊んでもらっています。

お疲れ様…

サルたちの寝姿は、なんだか親近感……

夜の森 は、明るい昼日中で眠る姿が見られます!

普段は真っ暗な中でザワザワと動いている姿を、目を凝らして探す「夜の森」。昼夜逆転している場所なので、夜の動物園ではミミセンザンコウ、アイアイ、マヌルネコのかわいい寝姿が見られました。マメジカはこちらをじっとり迷惑顔で見ていましたが…。コウモリは穴に入って寝ているようで、一匹も姿が見えず。

注意点は、暗さ!

木が生い茂るあたりは暗く、人気のない通路もあるので、光るおもちゃを持っていくと怖さが軽減するかもしれません。また、動物園から駅までの道のりも暗くて道によっては誰もいない…なんてこともあるので、広い道の真ん中を通って帰ってくださいね。(今のところ、怖い目にあったことはありません)

2.コレド室町横 日本橋三重テラスでは忍者教室開講中

日本橋三越、コレド室町そばにあるアンテナショップ日本橋三重テラス。二階のイベントスペースでは、忍者修業ができる子供向けイベント開催中。忍者の衣装を着て、トランポリンや手裏剣ダーツ、ボルダリングが楽しめます。

ムム…曲者⁉

室内で身体を動かして遊べて、すべて体験したお子さんにはグッズが当たるガチャガチャも。何より、空いてる…!!未就学児なら、思いきり体を動かせて20-30分は楽しめます。お買い物や映画のついでにぴったり。

8月22日まで!

1階のショップでは、ゴム製手裏剣も購入できちゃいます。もちろん三重の名産も満載!私は伊勢うどん・乾燥あおさ・おいせさんお浄め塩スプレーを購入しました。

3.混んで…ない⁉ 東京都現代美術館 あそびのじかん 10月20日まで

子供が大好きな「遊ぶ」ことと、アートをかけあわせた展示が満載!実際に触ったり迷ったりできるから、2歳くらいのお子さんでもしっかり楽しめます。「タンスに登っちゃいけません!」なんて言わなくていい!むしろ登って!写真を撮らせて!!

安全対策もしっかりとられているので安心ですが、ちいさなボタンを投げる展示があり、そこだけは要注意!子供たちが大喜びではしゃいでしまう仕掛けでもあるので、うっかりお口にいれないよう気を付けてください。

ワークショップも! 

お面が壁一面にびっしり…の部屋では、大人も子供もお面をつくれるワークショップがあります。持ち帰ることはできませんが、用意された沢山の材料で制作した自分の作品が、美術館の展示品に!壁に飾られた作品は、かぶって遊ぶこともできます。「触らないで」って言われないのありがたい…。ワークショップは整理券をもらって、時間になったら戻るシステムなので、まずはこの部屋で整理券をもらってからゆっくり回るのもOK。

こんなに楽しいのに「閉館日に来ちゃった⁉」ってくらい空いていたんですよねえ…(8月1週目の週末)駅から少し歩くので、暑い時間は無理せずタクシーをオススメします。

ほぼ全ての料理でハーフサイズが! 100本のスプーン

大人も子供もおいしいと感じられる料理で、ほぼすべてにハーフサイズを頼むことができます。大人もハーフサイズでお願いして、みんなでたくさんシェアするのがオススメ。

美術館らしいぬりえももらえるので、待ち時間も安心。席にも美術館らしいギミックがあるので、空いている時間だったら中をみせてもらってから席を選ぶといいですよ!

4.美術館、博物館は金曜夜に行く 恐竜博2019

金曜のお迎え後、大荷物で美術館に向かうことがあります。金曜はナイトミュージアムとして21時ごろまで延長してやっていることが多いんです。常設展だけじゃなく、企画展も!混雑しがちな企画は、意外と夜がオススメなんです。今回は、夏休みで混雑必至の展示、恐竜博へ!夜でもかなりの混みっぷりでした。

人のいない常設展は、独り占め気分…ハチ公や……企画展と常設展両方をめぐると、おなかが空いてしまいますので、先に食べてから向かうことをオススメします。

国立科学博物館には、自由研究のきっかけになりそうな展示もたくさんありますよ。これは古い時計です。水時計や機械時計、和時計という今とは違う時間の流れ…江戸時代はどうやって星を見ていた?など、科学だけではなく歴史や文化について考えることができそうです。

売店では、科学実験が気楽に楽しめるキットも豊富。「水晶を育てる」なんて自由研究映えしそうですよね!

夏休み期間も残り15日…命大事に、無理せずいきましょう……

この夏、左目のけいれんが治まらず、腰痛は日々悪化していくばかりの私……こどもたちの熱中症も心配ですが、保護者が倒れたら大変なことになってしまうので、無理せず「いのちだいじに」乗り越えましょう!!!!!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
野生のパフェさん

ネット系サービス業で時短勤務中 常にネットの中に楽しいことがないか探しています。 重度の海外ドラマオタクです!

野生のパフェさんの記事一覧 v-right