タピオカって自宅で作れそうじゃない?

タピオカの原料は、『キャッサバ』というイモのでんぷんで作ったもの。"イモのでんぷん"といえば、『片栗粉』も同じよね??それなら家にある材料でも作れそうじゃない?と悶々と思ってたら…

2019年5月14日放送のNHK「すイエんサー」で紹介されてました!!

というわけで、放送内容を真似っ子する形になりますが実際に自宅で作ってみました。放送では(おそらく)紹介されていない保存方法も紹介します。

材料は『白玉粉×片栗粉』

すイエんサーでは『もち粉』を使ってたみたいですが『白玉粉』でも良いそうなので、手に入りやすい白玉粉でやってみました。

【材料】
白玉粉 10g
片栗粉 40g
水 30ml(目安)
その他(着色料、砂糖 お好みで)

詳しい説明は省きますが、白玉粉:片栗粉=1:4の配分にすることで、タピオカ粉に近い成分比になるそう。

タピオカに甘みが欲しい人は砂糖を加えて。モチモチ食感だけで良いなら入れなくてもOK。私は砂糖ナシ派です。着色料が自宅にない場合は、ジャムやジュース(色が濃い方が良い)でも代用できそうです。液体で着色させる場合、水量を加減してくださいね。

なんちゃってタピオカの作り方

①白玉粉がさらさらになるように濾(こ)します。ひと手間だけど大事。意外と簡単に濾せるのでぜひ!

②粉を混ぜ合わせたところに、耳たぶくらいの固さを目指して水をちょっとづつ注いでまとめていきます。目安は30mlだけど、私は50mlくらい足しました。粉の状態に合わせて調整してください。

③着色する場合は、このタイミングで着色させてこねこね。

④まるめた後は、タピオカ作り史上最も過酷な作業!!
ひたすらチネる、チネる、チネる…。まるで無人島生活。よゐこ濱口さんリスペクト。黙々と作業をつづける自分はもはや【チネラー】。…などと雑念が渦巻く中、翌朝4時半起きしなきゃいけない夜中に一人でやろうとしたことに激しく後悔。

途中何度も「もう白玉団子でよくない?」と逃げ腰になりながら完成!形のいびつさとかもうどうでもいいわ。 

⑤沸騰したお湯で茹でます。茹ですぎたら溶けるらしいです。まさに、"努力が水のあわ"。それは避けたい。

すイエんサーWebサイトでは「20分(目安)」と書かれていたけど、入れたらすぐに浮かび上がってきてビビる。大きさ、量で変わってくるかと思いますが、タピオカの周囲が透明になってきたら一度味見した方が良いと思います。私の作ったタピオカだと6分程度の茹で時間でした。好みの硬さ・粉っぽさがなくなったら、すくいあげて氷水に冷やして完成!

『タピオカの、宝石箱やぁ~』

冷凍可能か試してみました

今回作った"なんちゃってタピオカ"は、鮮度が命です。どんどんどんどん固くなっていくので、使わない分は即座に保存しましょう!

1~2日程度の保存ならば、水を張ったタッパーに入れて冷蔵庫へ。それ以上の場合は、冷凍庫へ。なるべくタピオカ同士が引っ付かないように広げてラップで包み、急速冷凍されるように金属バットに乗せて冷凍庫へ。

解凍する場合は、容器に凍ったタピオカとお湯を入れ、レンジでチン!(40秒くらい?)

翌朝の朝食時にミルクティーを注いであげました。子ども達は、カラフルなタピオカに興味津々。

「もっちもち~♡」

こんなに喜んで貰えると、チネリの苦痛な時間を忘れるわー。これはアレに似てるね。子どもが誕生した瞬間に出産の痛みを忘れる的な。(大げさすぎ)

それはそうと、キミ達。大事そうにちょっとづつチビチビ食べてくれるんはいいんやけど、、、

会社に遅れるから早く食べてー!!(悲鳴)

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さいかなさん

フルタイムで働くママ。仕事もバリバリこなしたい!でも家庭も大事にしたい!何を優先すべきか日々模索中。趣味はおでかけ。ヒマさえあれば、旅行ガイドブック読んで脳内トリップ!

さいかなさんの記事一覧 v-right