検討中の買い物リスト

 いよいよ消費税増税まであと半月。基本、買いだめはしない派ですが、いつもネットで買っている洗濯洗剤が切れたのを機に、最終確認することにしました。

 まずは今年2月に書いた消費税に関する記事(下記リンク参照)を参考に、増税前の買いだめリストを確認します。

1.遊園地や美術館の年パス、定期券
2.日用品(紙オムツ、トイレットペーパー、洗剤類)
3.酒類
4.本

 年パスや定期券は購入時の税率が適用されるので、利用するのが10月以降でも消費税は8%のままなのです。年パスはともかく、定期券はタイミングが合わなければ難しいですよね。そんな中、ぜひとも注目していただきたいものが・・・

1.年末年始に帰省予定の航空券代!!

 現在、ANAでは絶賛、タイムセール中(~15日まで)。私は先得で購入済みです。チケット類は利用日の税率ではなく、支払日の税率。よって、今のうちに飛行機代を決済しておけば8%のまま、年末年始に搭乗できるのです。高額&ワンオペの必要経費。買い!です。

2.「日用品」は買いだめ

 残りの、2:日用品、3:酒類、4:本は、全てキャッシュレス決済によるポイント還元事業者から買えば、5%ポイント還元されるので、実質、増税後が値下げ。

 しかし。いくらポイント還元されるからと言っても、個人薬局へわざわざ買いに行くかというと、日用品のためにそこまではしません。
 本体価格設定そのものが割高な気がしますし、仕事帰りに立ち寄れるいつものドラッグストア、もしくは、かさばるので通販でまとめ買い、というのが我が家の消費スタイルです。
 ということは、収納スペースがある限り、必ず使う日用品は、増税前にまとめ買いすることにします。
 紙オムツは、サイズアウトのリスクがあるのでほどほどに。トイレットペーパー、箱ティッシュ、洗剤は必需品なので、定番品をちょっと多め。重たいので、通販で、送料無料になるようにまとめてロハコで注文しました。

3.お酒は慌てて買わないで!あの〇〇〇〇も対象店舗!

 今回、一番張り切ってまとめ買いする予定にしていたのは、お酒類でした。特に、ワインなどの洋酒。缶ビールは場所をとるし、まとめ買いするとつい飲み過ぎてしまって節約になりません。日本酒は、古くなるとおいしくなくなりそう。ワインなら、(自分でコルクを開栓できないので)飲み過ぎません。しかも、関税の関係で、安いワインほどお安くなっている模様。買いだめには、ワイン!

 ところが、キャッシュレスポイント還元事業者の対象店舗リストを眺めていて仰天!!
 カクヤスが、5%還元の対象店舗になっているではありませんか。

カ・ク・ヤ・ス! 

 10月から酒類は消費税10%になりますが、カクヤスでキャッシュレスで買えば、実質、消費税5%。現況の8%より、安いわけです。

 実は、カクヤスで買ったことは一度もないのですが、これを機に、わざわざ買いに行くと思います。日用品の話と何が違うのか、明確に答えられませんが、増税後に、カクヤスに駆け込むと思います。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

10月1日~2020年6月までに、キャッシュレス決済で買い物すると、購入額の2~5%がポイント還元される制度。

・「キャッシュレス・消費者還元事業」マークがついたお店が対象です。
・小売・飲食・サービスなどの一般の中小店舗では5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドでは2%の還元を受けることができます。
・ECサイト上の中小店舗も対象です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」。名前が長くて覚えられませんが、このポップなステッカーを目印にすれば良いようです。現段階で、実際にどのお店で利用できるのか、調べることができるサイトがあります。(下記にリンクあり)

 ざっと見た限り、飲食店、コンビニ、美容室、タクシー、ガソリンスタンド、宿泊施設、整体、動物病院、リフォーム業、クリーニング、写真館、カラオケ、語学教室、貴金属、リサイクルショップ、自転車、車検、花屋などが多い印象です。ガソリンはフランチャイズが多いので2%ですが、それでも車社会の地域ではありがたいですね。変わり種では、税理士事務所、保育園なんていうものまで。

飲食店がややこしいことに

 飲食店は、軽減税率の対象外で10%に上がりますが、マック、ココ壱番屋、カフェベローチェ、居酒屋、焼き肉などのフランチャイズは2%還元のため、実質8%のまま。個人経営の飲食店の場合は5%なので実質5%です。

 食品について言えば、コンビニは2%、驚いたことに「業務スーパー」も2%還元対象! 地元密着の頑張っているスーパーが、5%対象店だったりします。これらの店では明らかに、増税後がお得です。

4.書店だって、探せばある。

 くまざわ書店、芳林堂書店、明屋書店などの大手書店も5%還元。書籍なのに、実質値下げ。増税後まで待てるものは待つべし。

通販サイトがますます便利に

 楽天、ヤフー、アマゾンに出店する中小店舗は、軒並みキャッシュレス消費者還元事業者です。5%還元対象店。先ほどのカクヤスだって、通販サイトがあります。
 一つ、注意事項。通販の場合、「出荷日」が適用税率の基準になるようです。9月中に駆け込みたいのか、10月以降のポイント還元を狙いたいのか、切り替え時期のぎりぎりに注文すると、狙い通りにいかない場合があるので、余裕をみて注文しましょう。

まとめ:我が家の買いだめリスト

1.航空券
2.日用品

航空券と日用品。買うべきは、たったコレだけ。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みずちさん

発達凸凹のある5才息子がいます。仕事を辞めて、幼稚園ママデビューいたしました。ゆるっと就活しながら、子育てや就学先について考えていきたいです。

みずちさんの記事一覧 v-right