小さい子供が3人いるわが家。人数も多いので、おでかけはどうしても車移動が主になってきますが、なんとわが家は上の子2人が乗り物酔いをする体質。それも「必ず」です。車のみならず、飛行機、バス、電車は臭いが強い時等も同様に酔います。気持ち悪くだけならまだしも、嘔吐する確率も、なんと100%です。
上の子は3歳を超えてからは毎回乗り物酔いを飲ませてから移動するようにしていますが、下の子が3歳になる前はとにかく大変でした。

乗り物酔いは、三半規管が未発達な子供によく現れる症状なので、他のご家庭でも悩まれている方がはいのではないかと思います。

今回はそんな方の少しでも手助けになれば…と思い、わが家で試して成功した方法を一つご紹介したいと思います。

嘘のような話!濃い醤油煎餅を舐める!

常日頃、子供の乗り物酔いに頭を悩ませていた私。毎回嘔吐用のセットや着替えなどは必須で、乗っていても常に気が気じゃないので、寄っていない私も精神的な疲労感がすごく、移動の度に疲れ果てていました。

そんな時にあるママ友から教えてもらったジンクス?をダメ元で試してみることに。
用意するものは「濃い醤油煎餅」。これだけです。

私がいつも購入していた濃い醤油煎餅は主に2種類。
亀田製菓さんの「技のこだ割り」という醤油を二度づけしている醤油煎餅。

もう一つは金吾堂製菓さんの「濃厚二度づけ煎」。

いずれも持たせて舐めるだけ。

もちろんずっとは舐めていられないので、ある程度のところで食べだしますが。

「濃い醤油煎餅で乗り物酔いにならないわけがない」と信じられず、とはいえ、気軽に試せるのでダメ元で試したところ…なんと酔わずに移動できたのです!それも1度だけではなく、その後も何回も。

この醤油煎餅が原因かどうか、その因果関係は不明ですが、それまでは毎回必ず嘔吐していたので、わが家では何らかの関係でこれが効いたんだと信じています。

定番のキャンプなどの遠出も気軽に行けるようになっただけでなく、毎回ぐったりしていた移動も、笑顔で過ごせるようになりました(笑)

「醤油煎餅」ではなく、あくまでも「濃い醤油煎餅」でないと効果がないとのこと。

そのメカニズムや効果要因は全く不明で、科学的根拠は全くありませんが、あくまでも「ジンクスの一つ」として気軽に試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
きゃおりん。さん

【フードアナリスト】海外育ちの帰国子女。関西出身・関東在住、ちょっと小派手な3児のリーマム。食べることが何より大好きな、食いしん坊ワーママです。

きゃおりん。さんの記事一覧 v-right