タイトルの通りなのですが息子(3歳)が、初めて誤飲事故を起こしてしまいました。
我が家の喫煙者は主人のみ。もちろん家の中では換気扇の下でさえも絶対にタバコを吸わせません。吸いたくなったら外で吸ってもらっていますし、灰皿を室内に持ち込んだこともありません。

週末に家族で2泊3日のキャンプに出掛けました。最終日、「さて帰ろう!」と車の助手席に息子を乗せ、私がシートベルトを締めている間のわずかな瞬間にまさかの悲劇が起こりました。

よくこのような光景を見かけますよね。
キャンプ初日、向かっている途中でマクドナルドのドライブスルーに寄りました。その際に主人が飲んだ紙コップがそのままこのように置いてあったのです。

これを見て子どもからしたら「わーい!ジュースがある!飲んじゃお〜っと。」とそのような気持ちになりますよね。
「あ~、喉乾いた~!」と息子が一言呟きながら、その紙コップを手に取り、ストローに口付けようとしました。もうここから一瞬の出来事です。
その瞬間に私が「あー!それは腐ってるからダメだよ!」と視線を紙コップに向けるとフタ部分にタバコの灰のようなものが乗っかっていることに気が付きました。もしかして主人が灰皿代わりに使っていたもの!?とハッとした時には時もうすでに遅し...。
「あ゛ー!!!」案の定、口に含んで飲んでしまっていました。

本当の本当にあっという間の出来事に、一瞬で頭が真っ白になりました。
あまりの酷い味に目の前にはすごい顔をして半泣き状態ながら口の中の気持ち悪さを訴える息子、とにかく苦味を訴えるのでうがいをさせて飲んでしまった液体を出させようとする私、液体を吐き出させようとしてもやはり吐き出せなくて「気持ち悪い!気持ち悪い!」と訴える息子、もうパニック状態です。

こんな時に「水を飲ませていいの!?」「吐かせていいの!?」と正しい知識もよく分かりません。とりあえずタバコ本体は口に入れていない事はたしかだったので何度も口の中をうがいさせました。
水に溶けて時間が経った状態のタバコが1番ニコチン濃度も高くて危険なんですよね...。この知識だけはあったのでとにかくパニックです。

「あれだけ気をつけてって言ってるのに、なんでこんなところに置くのよ!?」と、さすがに主人への怒りが止まりませんでしたがそれどころではないので、まずは心を落ち着かせて深呼吸...。

【夜間・救急病院】に即!電話

この日は休日ということもあり、当然ながら病院は休診のところが多かったです。しかも、私たちが行っていたキャンプ場は【山梨県の道志村】ということもあり、周りには何もありません。
唯一、見つけた『夜間・救急病院』でさえ、なんと車で1時間の距離。遠すぎる...泣
ちなみに毎度、キャンプに行く際には万が一に備えて『保険証・医療証・お薬手帳(内服薬がある時)』を必ず持参しています。持ってきておいて良かった〜!!

≪電話の詳細は?≫
Q.患者の名前、年齢、体重、性別は?
私「○○、3歳、○kg、男性」

Q.タバコの銘柄は?
私「ラッキーストライク」

Q.誤飲事故の発生状況は?
(摂取量、摂取経路、誤飲時刻)
私「am10時15分頃にマクドナルドのMサイズ紙コップの1/3程度の水に浸ったタバコの吸い殻(中身は1本)をジュースと間違えてストローでごくっと飲んでしまった。」

Q.問い合わせまでに行った処置は?
私「水で何度もうがいをさせた。吐かせようと指を喉の奥につっこみ舌を押し下げたが吐けなかった。その際に、水も数口飲んでいる。」

Q.患者の状態は?
私「今のところ中毒症状は無し。本人は「気持ち悪い~」と言っている。」

このようなやり取りをしたのですが、「残念ながら市内在住の方しか診られない」と断られてしまい、自宅から最寄りの病院に連絡するように言われてしまいました。
緊急の子どもを目の前にこんなことってあるー!?

かかりつけ病院に電話したが?

唯一の救いの手だった病院に断られてしまい、仕方なくかかりつけでもある『市立病院(小児科)』へ電話をかけました。そこの病院は息子の産院でもあり、ここだったら診てみらえるだろうと期待を胸に電話をかけることにしました。
ですが、そこの病院まではキャンプ場から2時間...。

電話が繋がると看護師さんに、上記と同じことを聞かれて「少々お待ちください」と医師に相談されました。
その結果、またしてもここでは診てもらえず「たばこ専用の電話番号がありますのでそちらにかけてみて下さい」と言われました。
そこで初めて【日本中毒情報センター】の電話番号を教えてもらいました。そんなものがあったなんて知りませんでした。

たばこ誤飲専用電話番号

『中毒110番』をご存知でしょうか?
調べてみると、日本中毒情報センターとは茨城県つくば市にある公益財団法人です。子供の誤飲事故で最も多いとされているたばこはもちろん、家庭用洗剤、ボタン型電池、ビー玉や硬貨といった異物誤飲も対象だそうです。

◾️たばこ専用電話番号
(情報料無料ですが通話料はかかります。)
TEL 072-726-9922
365日24時間対応(テープによる情報提供)

市立病院の方に言われるがまま、こちらの番号にかけてみるとなんと「このような場合は病院に受診して下さい...」などと言った音声ガイダンスのみ。
いやいやいや、私が求めているのは、この番号じゃない!とさすがにガイダンスを聞きながら切羽詰まっている私はイライラして来てしまいました。ガイダンスを聞き終われば担当者の方に繋がるのかと思いながら最後まで聞いていたのですがそういうわけでもなく本当に音声ガイダンスのみでした。

大阪中毒110番

音声ガイダンスを聞いていると、「大阪?」と思いながらもこちらの電話番号の紹介もあったのでこちらにかけてみることに。

◾️大阪中毒110番
TEL 072-727-2499
365日24時間対応

すると、こちらでは男性の担当医(Aさん)に電話が繋がりました。そして、またしても上記のようなことを聞かれます。

診てもらえない病院、教えられた電話番号は音声ガイダンスのみ、まともに応えられる人に繋がらないこの不安感と焦りとイライラ...。
そんな中で今度はちゃんとお話できる方に繋がり、正直ほっとしました。この時点ですでに50分が経過しています。

≪電話での結果は?≫
・Aさん「もしも中毒症状が出ているとしたらもうすでに出ていてもおかしくありません。
嘔吐、意識がない、顔色が悪い、身体の不調を訴えてグズグズしたり泣いたり、そのような事はないですよね?」

・私「はい。ありません。今、車でテレビを見ています。」

・Aさん「でしたら、すぐに受診しなくても大丈夫かと思います。今はまだ様子を見ていてあげて下さい。
無理に吐かせようとしないでも大丈夫です。今の時点でやっても食べたものがそのまま出てくるだけだと思いますよ。
それにニコチンは24時間以内に身体から排出されてしまいます。おしっこと一緒に出てきてしまうでしょう。万が一、数時間以内に変わったことがありましたらまた連絡下さい。」

とのことでした。良かった〜!!!泣

帰宅後も変わった様子もなく無事に過ごすことができました。
今後、二度とこのようなことが起こらないように主人にも気をつけてもらいたいです。怒

息子よ、親の不注意で気持ち悪い思いをさせてしまって本当にごめんね。とにかくその後、なんともなくて良かった。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
yumiさん

東京都/28歳/3歳/6歳(♂)/モンテッソーリ教育
■職業:保育士勤務 兼 サロンモデル
(保育士/幼稚園教諭第1種/認定ベビーシッター)
■趣味:ホットヨガ/ウェイクボード/ジェット/キャンプ

yumiさんの記事一覧 v-right