長男5歳、次男2歳、10月下旬ある日の午後、神社へ

我が家は昨年の10月末、七五三のお参りに行きました。長男、5歳。次男、2歳。次男は少し早いけどまとめて行いました。兄弟、姉妹がいる場合、まとめた方が、衣装選びや撮影も一緒にワイワイでき、ひとりだと緊張したかもしれない前撮りもキャッキャッと笑顔でできてよかったです。

6月に撮影は済ませ、10月下旬にいよいよ神社へ。パパが午前中仕事だったため、昼過ぎに衣装を着せてもらい、15時ごろ神社に到着しました。10月下旬にもなると子どもたちも袴を着ても暑くなくちょうどいい気候でした。

次男の袴に入ったのはまさかの!

祖父母と合流し、神社で祈祷してもらい、千歳飴をもらったところまでは順調にすすみ、さて拝殿の前で記念撮影へ。衣装を着ているとはいえ、いつものごとくなかなか正面を向かなかったり、ふざけたりと二人揃ってきちんと撮影するのは至難の業(前撮りのプロの技には感服です)。「こっちだよー」と声をかけていると、次男に異変が。もぞもぞしだし、落ち着きがなくなってきました。

「もうちょっとだから、がんばってー」と言うと「蚊にさされた~」。
「ええ?」と近づくと、蚊が数匹ぶーん。家や保育園にはもういなくなっていたため、すっかり油断し虫除けを持ってきおらず。しかし、神社の周りは木が多く近くに藪もあったため、蚊がまだ健在。

さらに蚊が一匹、次男の袴の中に入り、そこからは大騒ぎ!家族総出で蚊を外に出そうとするのですが、なかなか出ず。次男も刺されて、半べそ。撮影どころではなくなり、そそくさとその場を退散しました。

晴れの日だろうが、アリンコは見逃せない。

夏の間はあんなに毎日カバンの中に入れていた虫除け。10月末でも最近は暑い日もあるので、場所によってはいるのだなと反省。その後、機嫌はなんとかもどった息子たち。でも袴を着ていようが、いつもどおり足元にアリンコがいると追わずにおれない。男子には花より団子ならぬ、晴れ着より虫でした。

しかも、前撮りで「苦しい」と言わなかったので安心していましたが、お出かけでは着崩れないように、前撮りの時よりキツめに締めてくれているようで、途中から「お腹がいたい、くるしい~」と長男がギブアップ。
帰りの車の中ですでに下着姿になり、一度家に帰り着替えてからの食事になりました。泣きべそ写真も、今思うと良い記念。ですが、

「虫よけ」はひとつカバンの中に入れて行くのをオススメします。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nagisaさん

パクチー農家のヨメ。農業からライターまで幅広く活動中。2人の男児のママ。ネイチャー系男子たち(夫も含む)との日々は虫嫌い&文化系ママにはいつも未知との遭遇です。

nagisaさんの記事一覧 v-right