朝食スムーズに食べますか?

わが家はNo!偏食で気分屋の5歳長男は、なかなか席につかないうえに途中も中断して遊び、好みや気分により殆ど食べない時も。

理想的な朝食から徐々に妥協したものまで試行錯誤していますが、必ず食べる鉄板メニューはない…。

そんななか、すぐ席に着き、さっさと食べ終えてくれるメニューを編み出しました!

それは具沢山パフェ!

まずパフェという響きが特別なデザート感を醸し出し、息子がいつもより食いつきます。

実際普通はデザートですし、甘いものが多いのは否めませんが、様々なものを混ぜ込めるので、いろいろ食べれる楽しさがあり、多くの栄養素も摂れるのです。

パフェに入れているもの

日によりますが、MAX入れるときの材料はこちら。

・白玉団子
・つぶあん
・きな粉
・シリアル
・ヨーグルト
・アイス
・ジャム
・バナナなどフルーツ

含まれる栄養素

栄養成分表示を見ると、バラエティー豊富な栄養が摂れるのが分かります。

白玉団子は、作り方後述しますが半分は豆腐でできています。

きな粉は、黒ごまとアーモンド入りを使い(アレルギーなければ)、更に栄養豊富に。

シリアルの栄養成分は物によりますがどれも種類豊富で、菓子パンやトーストより栄養バランスの良い食事になります。

もちろんバランス良い普通の、甘くない食事の方が望ましいですが、食べてくれないと結局摂取されないので。

息子は、単品ではあまり食べないものも、パフェの一部としてや、溶けたアイスと混ざっていると難なく食べられるようです。

キラーワード「溶けないうちに食べようね」

そして一番の決め手はこの声かけ!「溶けないうちに食べようね」

進みがイマイチなら「早く食べないと溶けちゃうよ~」

何度も急かさなくても、「溶ける前に食べたい」気持ちで自分から、席について食べきってくれます。素晴らしきアイスパワー。

ただ最近は寒くなってきたので、温かい飲み物を添えたり、温かいフレンチトーストやお汁粉にアイストッピングも良いですね。

白玉団子は一緒に作ってみて

白玉団子は子どもと一緒に作ると、食べたい気持ちがさらにup!時間があるときに作って冷凍しておけば、朝すぐ出せます。

1. 白玉粉に同量の絹豆腐を混ぜて、耳たぶくらいの固さになるまでこねる

※まとまりが悪ければ、少しずつ豆腐を足す

2. 丸めて形作る

3. 沸騰したお湯に入れて、白玉が浮かんできたら1-2分後に冷水にとる

料理苦手な私が何度も作れている簡単さで、子どもも手伝いしやすい手順です。

出来たらバッドに並べて冷凍し、凍ったらジップロック等に入れて保存。使うときは、熱湯に暫く浸すだけで解凍できます。

特に急ぎたい日の特別な朝食に。子ども自ら急いでくれるメニューはいかが?

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
てんてんこさん

家事も育児も「手軽で最適」な解決法を探して楽しくがモットー。面倒くさがり&概ね合理主義&調査工夫は得意なアラフォーママです。年長&0歳息子と転勤族の夫がいます。

てんてんこさんの記事一覧 v-right