先日ダイソーで買い物していたらタングルティーザーそっくりのブラシを発見!
タングルティーザーに出会ってからというものタングルティーザー以外では梳けない!いや、むしろ梳かない!(笑)レベルのユーザーの私は興味津々。
100円なので買ってみることに!

使い心地は?

まず使い心地は思った以上に良かったです!100円だし、タングルティーザーに似た作りとはいえ引っかかったりすぐブラシが折れたりするんじゃないの〜?と思っていましたが、案外丈夫。
梳き心地も超ダメージ毛で引っかかりまくりの私の髪もブラシ自体の当たりも柔らかく、タングルティーザーのように労わりながら絡みを解し梳かすことができました。
全く期待してなかったので丈夫さも使用感もちょっと意外で面食らった私。

タングルティーザーのように握り込んで使う形ですが、柄がついているので使っているときに安定感があります。

タングルティーザーとの違いは?

タングルティーザーとダイソティーザー(と呼ぶことにします)はよく似ています。
よく似た作りなのでぱっと見大きな違いはないのですが、値段的にもかなり差があるので細かい違いはあります。

・タングルティーザーとブラシの素材が違う

タングルティーザーのブラシの素材は独特で(調べてみたところ 「熱可塑性ポリエーテルエステルエラストマー」だそう。)使用していてもブラシ部分の素材も滑りの良さの理由だなと実感するのですが、ダイソティーザーは普通のプラ素材なので滑りの良さが少し違います。タングルティーザーと比べると静電気が起きやすいかも…?

・ダイソティーザーは若干ブラシの先の作りが雑



写真わかるかな?
バリまでいかないのですが、やっぱりブラシの先がちょっと粗いです。
お値段的にも当たり前と言えば当たり前なのですが…

・ダイソティーザーはブラシの長さが3段階

これはいいところですね◎
タングルティーザーが2段階の長さに対し、ダイソティーザーは3段階になっています。
素材の違いをこの辺りでカバーしているのかも。

まとめ   

私が見て感じた違いはこれぐらいでしょうか?
実際の使用感はやはり使っている素材も違うためタングルティーザーのほうが優れていますが、お値段を考えるとダイソティーザーもかなり優秀!

私は主にお風呂でシャンプー前のブラッシングやトリートメントを馴染ませるのに使っています!
タングルティーザーも濡れ髪での使用可なのですが、お風呂に持ち込むと次に使う時乾いていないと不便だったので。
ダイソティーザーは安いのでガンガン使えるのも強みですね!

タングルティーザーのサブやタングルティーザーが欲しいけれど、迷っている人はまずはお試しで100円なので買ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
加藤優美さん

小1小4のわんぱくブラザーズと2歳の女の子の母です。育児中でも楽しい事をしたい!飽きっぽいので常に新しい楽しみを見つけてます。美容、メイクが好きでちまちま浪費中(笑)

加藤優美さんの記事一覧 v-right