/ 2019.11.20

貴族に憧れる女子(娘)が言いました。

「エッグスタンドで卵を食べたい。」と。
「誕生日プレゼントはエッグスタンドが欲しい」と。

エ…エッグスタンド!?

どうやら貴族たちのエレガンスな食事風景に憧れてるらしいです。可愛いわが子の願いを叶えるべく、庶民の味方"100均"をハシゴしたところ『セリア』でそれっぽいのを見つけました!(100均の誕生日プレゼントっていうのもアレなんで、誕生日には別のものを贈りました。)

エッグスタンドっていう立派な名前のついた専用品じゃなくても、卵がパコッと入る大きさなら、おちょこでもなんでも代用できます。

それからというもの、エッグスタンド(仮)を手に入れたわが家は『半熟卵』が献立レパートリーの仲間入り。生すぎず固すぎないトロンっとした卵の味が子ども達にウケて、いろんな卵料理の中でも断トツNO.1の人気です。シンプル・イズ・ベスト。

半熟卵の食べ方は、スプーンが差し込める大きさ程度に卵上部の殻をペリペリっとめくるだけ。

ちょっとずつ塩を足しながらスプーンですくって食べます。エッグスタンド(仮)が卵をきっちりホールドしてくれてるので、4歳の子でもスプーンで上手にすくって食べてキレイに完食。

『エッグスタンド』。私の人生で不要な物やと思ってたけど、あるとめっちゃ便利です!

半熟卵の作り方

半熟卵を作るポイントは、いかに好みの半熟具合で仕上げるかだと思います。
重要なのは茹で時間!卵の大きさを変えても、一度に作る量を変えても、大きな差はないです。茹で時間を何分に設定するのかも好みの話なんで、わが家が作った半熟具合を確認して調整してみてくださいね。


ーさいかな家の半熟卵レシピー

①鍋に水を張って沸騰させる。
②沸騰したら、冷蔵庫から取り出した卵を鍋にイン。
③強火で【6分半】。沸騰してもグツグツ状態をキープ。

④6分半経ったら、急いで氷水にドボンっ!←ここ重要。余熱で固まるのを防げるし、殻も剥きやすくなります。

⑤完成

半熟加減はこのようになりました。個人的にはもうちょい半熟がいいんだけど、子ども達が扱いやすい固さにしてあります。

食卓にエッグスタンド(仮)が並ぶだけで、華やかな気分になりますよ♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さいかなさん

フルタイムで働くママ。仕事もバリバリこなしたい!でも家庭も大事にしたい!何を優先すべきか日々模索中。趣味はおでかけ。ヒマさえあれば、旅行ガイドブック読んで脳内トリップ!

さいかなさんの記事一覧 v-right