/ 2020.01.10

可愛いすぎる!幼児の"言い間違え"

あけましておめでとうございます(遅いですね)。
ベティ子です。

突然ですが、言葉を覚えたての1・2歳児の言い回しってとにかく可愛いですよね!
我が家の息子は現在3歳。
知ってる単語や言い回しが増え、
話が通じるようになって楽!
会話が楽しい!
と思う一方、上の画像のように余計な一言が増えたり(笑)いつの間にか赤ちゃん語が無くなっている寂しさも…

消えた『くれんも』

おととしの秋、当時2歳になったばかりの息子は何故か虫の蜘蛛(くも)のことを「くれんも」と言ってました。

↑当時インスタに投稿したエピソードにも描いてありました。

空の雲はちゃんと「くも」と言っていて、何か息子なりのこだわり?のようで、訂正しても直そうとしなかったので私も「くれんもだね〜」と合わせていました。

で、1年経って昨秋に息子は3歳。
先日、外を歩いている時に蜘蛛の巣を見つけて
「あ!ようちゃん、くれんもだよー」
と息子に言ったら何と

「ママ〜あれ"くも"だよ〜。"くれんも"じゃないよ〜」

と何だか偉そうに訂正されました(笑)
えぇー!くれんもって前の冬にようちゃんが言ってたんじゃん!覚えてないの〜!?
と言い返したのですが、息子に笑いながら

「えーしらなーい♪」

と言われ、終了!
何か表情や言い方からして、覚えてるっぽい?でも息子は知らないの一点張りなので真実は謎のままです。

ともかく「くれんも」は前回の秋冬限定でもう居なくなってしまったようです。
結構かわいい響きだから気に入ってたのになー。寂しい。

それにしても、ドヤ顔で親の言い間違いを訂正してくるなんて成長したなー。それにもびっくり!
な出来事でした。

動画に撮っておけば良かったー!

赤ちゃん語もそうですが、子供の可愛い仕草や声、その時は当たり前でも過ぎてしまうと『あの時だけだった!!!』
と後悔してしまうことだらけです。
もちろん脳裏にはバッチリ焼き付いていますが…。
動きや声もしっかり記録できる動画がおすすめ。気軽に動画撮影が出来る現代ならでは、技術の進歩に感謝しかありません。。

後悔だらけ…とは言え、息子はまだ3歳。
昨年生まれた娘なんてまだまだ0歳。
これからも可愛い言い間違え、たくさん楽しめそうです。

子供の言い間違えって逆にややこしくなってることが多いですよね。何ででしょう…まぁ可愛いから良いか♪

まだ遅くない!これからは『何でもない日常』こそ、どんどん動画撮っていくぞー!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ベティ子さん

3歳息子・1歳娘・4歳ネコの3兄妹(?)ママ、現在育休中♪
自宅の絵本500冊、パパも含め全員、絵本大好き一家です。

ベティ子さんの記事一覧 v-right