つい先日、新婚のわが弟夫婦が遊びにきました。奥さんになーんでもやってもらって甘え切った弟!!自分でやれよ(怒)と何度もイラッとして思いました。

あれ?そういえば夫にそんなにイライラしなくなったなぁ…と。

「何で協力的な夫になったの?」

晩酌中の夫に唐突に聞いてみました。

育ってきた環境が違うから〜♪という歌のフレーズがありましたが、まさにその環境の違いがケンカの原因になるってことありませんか?わが家は、心配性の私は口やかましく細かいことまで言ってしまうタイプ。

夫はそんな私を見て「そこそんなに怒るとこ?理解できない。」とケンカをふっかけ…いやいや疑問を投げかけてくるのんびり見守りタイプ。
ここから幾度となくケンカをしてきました。

家事に関しては洗濯物の干し方という些細な事から壮絶バトルへ。

「俺さ、こんなにやってるのにまだ足りないの?」

と言う一言にかっちーーーん。無言で名もなき家事まで含めて現在の分担表を書いて突きつけました(笑)

亭主関白を良しとしてきた夫に「夫をたてろ!」なんて言われたことも。

「私たちは共に家族を作る相棒ではないの?」と相反する意見に正直やっていけるのか!? と思ったこともありました。

最近はとっても平和

気がつくと家事においても、育児においても、すっかり安心してお任せできる相手は夫。

あれ?いつからこうなってるんだっけ?

最初に夫に尋ねた質問の答えはこうでした。

「家族ができて、いくら自分が育った環境が"こうだった"って思っても、うちにはうちの考え方ややり方があって、その中で自分が変わらないといけない部分があったから。」

ケンカしてきた分、分かり合えてきた…ってことなのかな!?でも何だか私もそれだけ変われたのかな?と自分を反省する部分もあると思ったのでした。

こんな答えもらったら夫の失敗に何も言えない(笑)

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
あきんさん

単身赴任の夫とサッカー息子(2012.9生)とお転婆娘(2017.9生)の4人家族。 日々大騒ぎしたり悩んだりしながら逞しい母目指してます!
おうちご飯や子育ての失敗談も赤裸々に。

あきんさんの記事一覧 v-right