/ 2020.05.15

英語絵本の読み聞かせの効果

地方創生アナウンサー、女子アナ47を運営している株式会社Cheeringの長崎真友子です!2、3歳の年子男子の二児の母です。

2月の記事で「バイリンガル育児」に関して書かせていただきました。

【0歳から】バイリンガル育児の悩み
https://gyutte.jp/blog/235210

その最後にお伝えしている、「英語絵本の読み聞かせ」英語が楽しい!と思ってもらえることが一番です。

例え今話せなくてもその後の人生できっと自分から英語を学びたい!と言ってくれる事でしょう。有名な絵本だと子どもたちが親しみやすいと感じてくれるから入りやすいそうです。

私も使っている英語絵本でまず最初に手を出したのは、Eric Carleさんの「The Very Hungry Caterpillar」(はらぺこあおむし)ですね!

有名な本ですし、日本語のものはすでに子どもたちのお気に入りだったからです。

そして、お仕事で出会ったことがキッカケですが、わが息子たちが好きで好きでたまらないキャラクター、それがPeppa Pig!!この絵本が秀逸です。

Peppa Pigの魅力

「PeppaPig」はイギリス生まれの、おしゃまなこぶたの女の子ペッパとその家族のおはなしです!弟のジョージと、マミーピッグ、ダディーピッグの4人家族です。物語は短い短編で構成されていて、公式YouTubeチャンネルは日本のものとイギリスのものなどあります。

世界中で大人気のプリスクール向けエデュテイメントアニメーションなのだそうですが、この家族の会話がほっこりしますし、とても教育に良さそう!と思ってわが家ではいつもみています。

日本語verのペッパの吹き替えをされている青山ららちゃんの、舌っ足らずな感じがとてもかわいいです!

Peppa Pigの絵本読み聞かせ

私の会社では、Peppa Pigの絵本読み聞かせをお願いされていて、私も参戦したりしています。

上記のお写真は、玉川高島屋さんでのPeppa Pig ハロウィンイベントのときのものです。手遊び歌や日本語の絵本のほかに、英語での読み聞かせを行います。

子どもたちは1歳〜小学生までと幅広くきてくれていましたが、小さい子たちも皆、真剣に聞いてくれます。終わる頃にはみんなペッパとジョージのことが大好きになってくれている気がします。絵本の魔力はすごい!!

そして、英語絵本の中には簡単な英語などは子どもたちにも実際に発音してもらえるものもあり、子どもたちの発音もとっても綺麗!感動したことを覚えています。

英語絵本の読み聞かせ方

英語絵本はお母さんお父さんが読んであげるのが1ステップ目ですが、2ステップ目は絵本を通して、英語で会話してあげることなのです。

例えば、「Peppa Pig ペッパとあか・あお・きいろ」(フレーベル館)がわが子たちも大好きですが、「What is this?」や「What is color?」など簡単な質問を子どもに問いかける形式になっていて、絵本を通して親子で英会話ができます。しっかり答えられたら(答えられなくても)「Good!!」など言ってあげると、とっても喜びますよ。

会話形式になっていなくても、絵を見ながら上記の質問などしてあげることで単語力と会話力をつけてあげられます!

ちなみに、わが家は日本語と英語でYouTubeのペッパピッグにハマってしまい、テレビをみながら親子で会話することも!笑

英語絵本読み聞かせイベント

ペッパの英語絵本の読み聞かせに興味がある!という方!!

自分の会社とは別に2016年から趣味でママアナウンサー たちによる読み聞かせイベント行っていますので、もしご興味あればお子さんと遊びにきてくださいね!読み聞かせのコツなどもお伝えできればと思います!

https://kiramamatokyo.jimdofree.com/about/

LINE@への登録もこちらから!
読み聞かせ最新情報はこちらから配信します!
キラ☆mama Tokyo
http://line.me/R/ti/p/%40vif1186p

ぜひ、素晴らしいお子さんとの絵本ライフを♪ぜひ、英語に自信のない方もまずは簡単なものから英語絵本に触れてみてくださいね。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
長崎真友子さん
( 属性1 )

1歳3歳年子男子ママ。地方創生アナウンサー集団「女子アナ47」主宰、株式会社Cheering(チアリング)代表取締役。Family Speech Academyによる「1歳から始めるプレゼン教育」発起人。元九州朝日放送アナウンサーであり、絵本読み聞かせや子どもプレゼン講師。究極の家事手抜き大雑把生活で愛情いっぱい子育てのやりくりをしています。

長崎真友子さんの記事一覧 v-right