/ 2020.03.30

こんにちは。まゆんこです。レジン液でアクセサリー作りを子どもたちにやらせてみたところ、とってもステキな作品ができ大満足。

材料も全て100均で揃い気軽に取り組めるので、イエナカ時間が長くなるこの時期にぴったりです。さっそく紹介します。

UVレジン液とは

コラージュペーパーやお好みのパーツを閉じ込めるだけで、簡単にオリジナルアクセサリーが作れる「UVレジン液」。

「UVレジン」とは「紫外線硬化樹脂」のこと。なので「UVレジン液」とは紫外線に反応し、硬化する液体です。現在は100均でも販売してるので手軽に手に入ります。

太陽光に当てれば、約30分~1時間ほどで固まります。(硬化する時間は、気象条件や紫外線の強さ、作品の大きさなどにより異なります。)

また、UVライト(ジェルネイルなどを固める紫外線照射器)を使えば、短い時間で固まるので、さらに簡単に出来上がります。

準備するもの

〜材料〜

・レジン液 
・ラメパウダー 
・レジン液を流し込む型 
・キーホルダーストラップやイアリングパーツ

〜道具〜

・レジン用マット(あれば便利)
・ピンセット(あれば便利)
・爪楊枝
・硬化用のLEDライト(太陽光でも硬化します)

新たに購入したものは全部ダイソーです。

レジン液は1本100円。かわいいパステル調もありました。購入のレジン液は太陽光、UVライト、LEDライトでも硬化できるものです。

少量しか入っていないので足りるか心配でしたが、 初回に5本のレジン液を購入し子供6人、全部でパーツ20個弱くらいに使えました。

キラキラパーツは3種類くらい入って100円。

レジンを流し込む型は小さいものだと5〜6個で100円、大きめだと2〜3個で100円でした。

UVレジン用シリコーンマット 100円

型には背面が無いものが多いので、マットがあれば液が流れ出しても机を汚すことなく、また型もズレないので便利です。なければ手持の下敷きやクッキングシートでもできますよ。

子供、集中!

5歳の娘はキラキラのラメパウダーをたくさん入れて大満足。

〜作り方〜

1.型に少しづつレジン液を入れます。気泡ができたり、隙間に液を入れ込みたいときは爪楊枝でツンツンすると解消します。

2.入れたいラメパウダーを数カ所置きます。

この時点でまだ固まっていないのでラメの位置を移動させたり、違う色のレジン液を混ぜてマーブル状にすることもできます。

3.硬化させる

UVライトやLEDライトで、約5~8分照射します。太陽光なら約30分〜1時間。

風で飛んでいったりホコリが乗らないように気をつけてくださいね。わが家はガラスの食器の蓋を被せました。

※照射時間は、液の量・作品の大きさやライトの機種、気象条件によって調節してください。

少し触ってみてベトベトしなければOK。

4.固まったら、上からUVレジン液を全体に広がるよう、静かに流し込みます。

5.再度、硬化させる

6.レジン液がはみ出したところはハサミかペンチで大人が切ってあげてください

7.最後にストラップやイアリングパーツをつけて完成!

子ども、大満足!

太陽光での硬化だとベトベトしているパーツが数点あったので、次の日も太陽光の下に置いておきました。

完成までに少し時間がかかりますが、子どものワクワクが長続きするのと、完成品がキラキラで素敵なので満足度は◎。次の日もやりたい!と、とっても楽しめたようです。

私のようなハンドメイド初心者でも簡単にカジュアルなアクセサリーができるので、大人の方にもおすすめです。

イエナカ時間をたのしみましょう!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
まゆんこさん

8歳と5歳のママです。二世帯、総勢10名+ワンコ1匹の家で、 みんなが健やかに過ごせるよう家中の収納の見直しに奮闘中です!

まゆんこさんの記事一覧 v-right