/ 2020.03.30

食パンがかわいすぎて食べられない!

新型コロナウィルスの影響で娘の卒園式も簡略化されてしまいましたが、なんとか無事卒園を迎えることができました!しかし、小学校の入学式を行えるのか不安で仕方ありません...。

外出できず家の中での生活は子どもたちもストレスが溜まってしまいますよね。

何か子どもたちと一緒に楽しめることはないかなと考え、食パンを果物やフルーツ、野菜を使ってアートを楽しんでみました。

まずは、トーストした食パンにピーナッツバターを塗り、バナナで耳と鼻、ブルーベリーで目と鼻、いちごでリボンを作り「くまちゃんトースト」を作ってみました。

娘も息子もかわいい〜と言って、自分たちでも楽しくアレンジをしていましたよ。

食パンにお花を咲かせよう!

こちらは6歳の娘が作ったお花トースト。

スライスチーズの上にスライスしたミニトマトとディルをのっけてトーストしたら完成です。

絵画教室に通っている娘には、どこかこだわりがあるようで。作ったら満足で食べるのが勿体無いと言いしばらく見つめたあとパクリと食べておりました。

sweetな食パンはいかが?

とろっと溶ける板チョコと外はカリッとなかはとろ〜りとろけるマシュマロは最強コンビ。

スライスしたバナナの上にシナモンパウダーもこれまた捨てがたいうまさです。こちらは黒糖レーズン食パンを使いました。

口の中はあまあまなのでブラックコーヒーがおとも。

番外編のグリーンスムージーも親子だよ

小松菜にケール、バナナ、りんごにオレンジの入った特製グリーンスムージー。

でも、この色合いからなかなか子どもは飲んでくれません...そこでスムージーに顔を作ったら興味津々の様子。「わたしも飲む!」と言ってグビグビと飲んでくれました。

簡単にできるので親子で楽しく食パンアートを楽しんでみませんか。

子どもの意外な才能を発掘できるかも?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
hanaさん

7歳の娘と3歳の息子を育てるママ。家族の健康と自身の喘息改善をきっかけに野菜ソムリエの資格を取得。野菜の栄養を生かしたレシピを考案したり、野菜を食べられるお店を紹介するライターとして活動中です。

hanaさんの記事一覧 v-right