/ 2020.03.30

4月から新しい生活が始まる方、ドキドキの時期ですね。働きながらの子育て、できるかな…と不安になる方も多いのではないでしょうか。

現在2人目出産後、仕事復帰して1年4カ月が経ちました。復帰前の私に向けて、ワーママも楽しいよ!と感じている5つのことを紹介します。

仕事と子どもに救われる

朝、つい怒ってしまったとき。仕事で没頭できることに救われます。一方で、仕事で嫌な思いをしたとき。お迎えに行ったときの子どもたちの笑顔に癒やされます。

どちらも、私にとって必要だと実感できます。(お仕事も子どもたちも、いつもありがとう!)

収入が増え、心の余裕ができる

お金は生活です。単純に収入が増えることでちょっとした出費もカバーできたり、少しくらいのご褒美に後ろめたさもなくなります。

目に見える報酬は、ママの自己肯定感アップにも、家庭の潤いにもなります。(疲れた日は外食だっていいよね!)

《大切》の優先順位がつけられる

1日は24時間。限られた時間の中で、仕事や子どもたちのお世話の他にやらなければいけないタスクもこなさなければいけません。

やってみたいこと全てに時間は割けない。必然的に「本当にやりたいこと」が見えてくる。

好きなこと、やりたいことだけに囲まれた毎日は幸せです。時間の質が上がります。(私の大切はなんだろう?)

1人の時間ができる

四六時中一緒にいた子どもと離れる時間。始めこそ「泣いてないかな」と心配になったりしたけれど、だんだん慣れてくると、私自身のことに思考も使えます。

移動中もお昼ご飯の時間もあなただけのもの。いちばん近くの自分自身を大切にできる時間です。(私は休み時間に読書はじめました)

なんとでもなる精神が身につく

子どもの熱、感染症で連休…休む期間が長くなればなるほど、辛そうな子どもを前に仕事のことが頭をよぎるとき、仕事してていいのかな、やめた方がいいのかな、いろんな想いがよぎります。

でも、その気持ちさえも、糧になります。悩むこともあるけれど、だいたいのことは「なんとでもなる」その心の強さを育ててくれるのも、ワーママ生活ならでは。

今ある環境を楽しみましょう

子どものそばにいた方が、と悩む夜も、お迎え遅くなってごめんね、と急ぐ帰り道も、余裕が持てない自分にがっかりするときも。

悩むことはたくさんあるけれど、どう楽しむかは私次第。《働く》という選択は、きっと楽しい世界につながります!

春からワーママ仲間のみなさん、一緒に楽しみましょう~♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ミチテルさん

3才娘と2才息子、同い年の夫と4人暮らし。リハビリ職として働くママです。 ◇手軽&健康おうちごはん ◇好きをつづけるコツ◇子育て、健康について

ミチテルさんの記事一覧 v-right