/ 2020.04.10

わが家から車で15分程の距離に住んでいる義理の両親の家には、私1人だけで行き来することも多いので合い鍵を持たせてもらっているのですが…先日その鍵を紛失してしまいました…。

交番はもちろん、前日と当日に立ち寄った全ての場所にも行ったり、電話で確認したりしました。期待と絶望の連続。そして、結果的に、ない。

もちろん、鍵には家を特定できるものは付けていなかったですし、両親からは「セキュリティーに入っているから大丈夫」と言われましたが、万が一のことを考えて、鍵の交換を手配しました。

しかし…どうやら扉自体が特殊なようで…費用は5万4千円…!予想外の出費にクラクラ…。

結果的に、防犯性も向上したので両親も喜んでいましたし、私も安心しました。…それにしても、これは高すぎないか…と今更ながら若干疑っています…。

もう絶対こんなことはしたくない!まずは私の意識改革

私は少々(だいぶ?)おおざっぱな面があり、小さい頃から忘れ物や落とし物は多い方でした…。

今度こそ、この性格を変えていかなければならない!

まずは、通勤カバンの中身を整理しました。そしたら…出てくるは出てくるは無駄なもの…。何がどこにあるかちゃんと決めていないから、モノを無くしてしまうんだな…と痛感。

それでも汚いのですが、これが今の私の通勤カバンの中身を紹介します。

入っているものは、
■名刺入れ
■スマホ
■巾着袋
■通勤時間用の本
そして、【財布】と【鍵】

この二つは必ず、ファスナーつきのポケットに入れるのを徹底する癖づけをしています。(今までしてなかったんかい!? と思われるでしょうね…、情けない)

伯母さんが作ってくれた巾着袋の中には、マスクやナプキンやリップクリームと帰り寄る買い物用のエコバックなどをまとめて入れています。お化粧ポーチやハンドクリームなどは、会社に置くことで、とにかくモノを少なくするように心がけています。

物忘れさんの強い味方!スマートタグを試しています!

皆さん、スマートタグをご存じですか?

スマホのBluetooth機能と接続・連動して使用するデバイスです。機能も様々ですが、私はこちらのTileというスマートタグを買い、鍵につけました。

かなり小さいです。電池交換式(100円ショップで購入可能)なのでとても経済的です。

このTileですが、スピーカーが内蔵されており、Bluetooth接続圏内だとスマホアプリを使ってTileから音を出すことが可能です。

逆に、Tileのボタンを押すとスマホから音を出すこともできるので、家の中で鍵やスマホが見つからないときなどに便利です。

じゃ、スマホとTileがBluetooth接続圏外の状態、要は、Tileがついた鍵を落としてしまったら…?このTile自体にはGPSが付いていないので、どうしようもない…?いいえ、このTileのすごいところは…じゃじゃん!

他のTileユーザーのススマホが自分のTileのBluetooth接続範囲内に入るとその位置情報を自分のスマートフォンに通知してくれるのです!写真は、会社の近くでTileアプリを開いたときの画面です。

また、昨年末に全国2万台のタクシーに搭載されている「JapanTaxiタブレット」にTile検知システムが導入されたようで、「落とし物見つけ網」が更に強化されました!

これなら…万が一、まーんがいち…なくしても、見つかるかも!

通勤カバンの整理とスマートタグで脱!落とし物常習犯!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
がんプリママさん

5歳と3歳のやんちゃボーイズのかあちゃん。自作のプリントで毎日楽しい家庭学習を実践している “ゆるゆる英才教育ママ”です。やっぱり気になる幼児教育!!\楽しさの中にも子ども達にとって学びがある/そんな情報をお届け出来たら嬉しいです♪

がんプリママさんの記事一覧 v-right