/ 2020.04.13

私にとっては毎日楽しみな保育園連絡ノート

わが子の園での様子や言動が分かり、先生がたくさん書いてくれるコメントに日々癒やしをもらえる、貴重な存在「保育園連絡帳」。

しかし、旦那は目立つところに置いていても、手にして読んでいることがない。

そこで「連絡帳に書いたよ、見て」などと限りある旦那との会話に連絡帳ネタを盛り込み、貴重なコミュニケーションツールであることを示唆。

旦那は自ら率先して記入をしない。が、初めて頼んでみた

この通り。落書きされないように守っていた先生との交換日記的な連絡帳に、いともかんたんに落書きされていた。

でも一応真面目にコメントしている。

ここの落書きは痛い…連絡先欄ページ

ここ、重要ページですよ。イラッ。

1年かかって、やっと最近、私が先に出勤する日の朝の排便欄に正の字を記載してくれることが定着。1か0、の記載。

自分で書いてしまうのが一番の解決策

子どもが面白い表現をした時は忘れないうちにネタとして、連絡ノートのコメントに記載。前日にコメントは書いてしまう。

当日書いてない、と焦ることがないように。

最近では、私自身の体調を記載すると先生がそれに対してコメントをしてくれて、励みになっている。

旦那に今日も言う。「連絡帳見た?」

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆうまりさん

3歳息子と同級生の夫と3人暮らし。ヘアアレンジとオシャレ、時短&節約ワザの情報収集が好き。結婚前は半年に1回、大好きな西表島に逢いに。大自然の中でのアクティビティを家族で楽しむのが夢。

ゆうまりさんの記事一覧 v-right