/ 2020.05.13

こんにちは、kikoです♪緊急事態宣言の延長が発表され、自粛生活はこのまま続きそう。例年ならゴールデンウィークはお出かけをして、日々の「献立を考える」ストレスから解放されていたのに…。今月はまだまだ「みんな家にいる」!

主婦のみなさん!「一日三食疲れ」たまっていませんか?

朝パン、昼めん、夜ごはん!

緊急事態宣言がされる前から、わが家には「一日三食」自宅で食べる日の献立にはルールがありました。

それが「朝パン、昼めん、夜ごはん」。おおまかにこれを決めておくと、献立を考える手間が少し省けます。

お昼に「カルボナーラうどん」はいかが?

わが家のランチメニューで人気なのが「カルボナーラうどん」。主人と3歳の長男はうどんが大好き。試しに普段作るカルボナーラのパスタをうどんに変えてみたらこれが大好評!

あえてうどん!もちっとした弾力が濃厚なソースに絡まってこれがおいしい!家にあるものでも代用でき、卵白も使い切るレシピです。よければ作ってみてくださいね♪

【材料】(2人分)
冷凍うどん(お好みで細うどんでも)2玉
ブロックベーコン 60g
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩 適量
黒胡椒 少々

〔※〕以下は合わせる
卵黄 2個分
生クリーム 50ml(牛乳or豆乳でもOK)
牛乳 大さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
粉チーズ 大さじ1
とけないスライスチーズ 1枚(チェダーがおすすめ)

【作り方】
ベーコンは厚めの角切りにする。にんにくはみじん切り。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、にんにくの香りが立ったらベーコンを入れて炒める。

冷凍うどんを茹でる湯を沸かし、うどんを1分ほど茹でる。茹でた湯をお玉一杯分(分量外、約50ml)とってベーコンを炒めたフライパンに入れて混ぜ、乳化させる。

(うどんは電子レンジ調理も可。その場合は電子レンジで解凍したあと、麺をぬるま湯で少しほぐすと、つるっと喉ごしがよく仕上がります)

茹でたうどんをフライパンに入れて全体を混ぜる。

そして、ここで必ず火を止めて合わせた〔※〕の材料を入れる。このときに卵黄に火が入りすぎるとダマができてしまうので注意!全体を手早く大きく混ぜてソースを絡める。

ソースがさらさらで汁っぽい場合は最弱の弱火で少し加熱しとろみをつける。使用したベーコンによって毎回塩味が変わるので、ここで味を見て必要があれば少し塩を加える。

器にもって、大人用にはぜひ黒胡椒でトッピングを。

カルボナーラ(Carbonara)の「Carbon」は「炭」という意味で、もともとカルボナーラは炭焼き職人が作ったものが発祥とされています。炭焼き職人が作ると炭の粉がかかったため、その見た目を真似て現代では黒胡椒をトッピングして出されることが多いようです。料理って奥深いですね♪

余った「卵白」はどうする?

カルボナーラのレシピでは「卵黄」のみを使用することが多いですよね。全卵を使用しても良いのですが、卵黄のみにした方が濃厚なカルボナーラに仕上がります。

わが家では余った「卵白」を使って、その日のうちに白い卵スープを作るのが定番です。また、今は外出自粛中でお菓子作りブームなので、メレンゲを作って手軽なお菓子を作ってみても良いかもしれません。

なるべく食材ロスを出さずに使い切るのも、主婦5年目としては徹底したいところです!

代用した場合はどうなる?

生クリームが家にない場合は牛乳や豆乳でも代用できます。その場合はさらっとしてさっぱりした仕上がりになります。
これはこれでヘルシーでおいしいのですが、一度レシピ通り生クリームを使って作っていただけると格段に味がレベルアップできるのでおすすめです。

また同様の作り方でスパゲティやマカロニなど、パスタに変えてみてももちろんおいしいですよ。

生涯、カルボナーラに苦戦することなし!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kikoさん

現役薬剤師。元製薬会社勤務。第一子の産休中にフィナンシャルプランナー2級を取得し、家計管理はきっちり主義。0歳&3歳の男の子を育てる『ママレード・ボーイ』世代のアラサー主婦♪美味しいものが大好きなので、おうち献立は日々アップデートしたいと思っています!

kikoさんの記事一覧 v-right