毎日何かしら叱って…いや、怒ってしまう私!

こんばんは。現在0歳9カ月の息子、3歳の娘と育休ライフを過ごしているゆきままです。コロナウイルスで幼稚園も保育園も通えなくなり、24時間子ども2人と過ごす生活も早2カ月。叱らない日なんてないんじゃないかと思うぐらい、3歳娘にとって小煩いママになっています。

「自分で片付けないからメルちゃん見つからないんでしょ!? 片付けて!!」
「そろそろ手でキュウリつかむのやめなさい!」
「なんで石鹸で手を洗わないの!? 」
「(息子)君を蹴らない!たーたーかーなーいー!!」
などなど。

そして毎日言い続けていることを、「わかった!明日からはしないよ」「気を付けるよ!」と言いながら、永遠に繰り返す娘に

「ねぇ!? ママの言うこと本当にわかってる?」
「なんでもうやらないって嘘つくの?」
「毎日同じこと言うの疲れたんだけど!!!」
と最終的には感情MAXでキレてしまう私。34歳にして情けない。娘に叱って、怒って、謝る毎日を繰り返しています。

娘に言われた一言にハッとして、猛省…

ルーティンになりつつある、叱る→怒る…。「怒る」のタイミングで娘が号泣しながら一言。

「ママだって、毎日「もう怒らない、ごめんね」って言うのに全然守れてないじゃない!」

この一言に「怒らせる方が悪い!」とかちょっと思いつつも、猛省。子どもに約束を守れと言うのに大人が約束を守れていない。そんな大人の言うことを子どもが聞くわけがない。そして怒られて泣いている娘の顔を改めて見て「娘にこんな悲しい顔をさせる必要はあるのか」考えさせられました。

まずは、大人の私が娘とのたった1つの約束「怒らない」を守らねば!!

叱る基準を決めて、まずは1週間約束を守る努力をしよう

冒頭に書いたように、文章にするとびっくりするほど小さい叱ることばかり。3歳娘にとって、今は「約束を守らない怖い(うるさい)ママ」になっていることは間違いない。だからと言って、なんでもニコニコできないしいきなりこの性格を直すことはできない。

まずは、今日から1週間「感情的に怒ること」をしないようにしたいと思います。それから「命に関わる危険なこと」以外はうるさく長く言わずに≪ライトに≫伝えてみようと思います。

今までアンガーマネジメントや育児書を多々読みましたが、なかなか続かない私。「怒らない」と言うより「娘との約束を守る」と言う目標を掲げれば少し続くかも…。自分のためにも娘のためにも「約束を守れる大人」になりたいと思った夜でした。

まずは1週間!娘との約束を守りたいと思います。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆきままさん

3歳の娘、0歳の息子をもつ2児のママです。
2020年7月から職場復帰予定!
良くも悪くもありのままの子育てを発信できればと思います。

ゆきままさんの記事一覧 v-right