こんにちは!先日、産前休業に入りました、αです。マイナートラブルはあるものの、お腹の中の子はcovid-19に負けず、順調に育ってくれています。それだけでも、本当に感謝です。今日は…自粛期間中に夫にモヤモヤしたこと、そして私なりの解消法についてお話していきたいと思います。

わが家の自粛生活

共働きのわが家。夫も私も3月下旬あたりから在宅勤務となりました。そして、同時に娘の通う保育園でも自粛措置が取られるようになり、必然的に在宅勤務をしながらの家庭保育があれよあれよとスタートすることに。

私たち夫婦は、基本ざっくりルールしか決めませんでした。以下は、主に私目線から見た1日のスケジュールです。

■自粛生活中の1日スケジュール
5:00 母(私)起床。
    前の日の洗濯物(乾燥済)の取り込み
    お風呂掃除
    食洗器の食器片付け
6:00 入浴(妊娠中の為、夕方~夜にかけてお腹が張るなど、湯船につかるのが辛いので朝風呂)
6:30 朝食作り
7:00 夫起床。私、娘を起こす。身支度
7:30 家族で朝食
8:00~業務開始。夫と1時間交代で娘と遊ぶ
11:30 昼食作り
12:00 家族で昼食
13:00~業務再開。夫と1時間交代で娘と遊ぶ
17:30 夕食作り
18:00 家族で夕食
20:00 夫と娘お風呂
21:00 就寝

こんな感じの1日。このタイムスケジュールとは別に、足りない時間は、私は朝に夫は夜に、間に合わなかった分の業務をそれぞれこなす…といった感じでした。

モヤモヤ事件、勃発!!

ある日、事件は起きました。私は、当時妊娠7カ月。お腹も大きくなってきて、走ったり飛んだりができなくなってました。しかし、娘は活発なタイプ。お外遊びが大好き。自粛中でしたが、精神衛生面も考慮し、短時間だけ公園に連れて行き、ストライダーやかけっこなど、遊ばせていました。

その日の午前中、私のターンのときに娘の「お外行きたい!」リクエストに応え、私が外に連れて行きました。外に出たついでにお買い物も済ませようと、公園・スーパーのはしご。そして、スーパーから帰ろうとしたとき…小さな公園を見つけてしまった娘。

「まだ遊びたーい!!」
「もう、帰らないと…(私も仕事が…)」
「帰りたくない!!遊びたい!!」
「……帰ろうよ…」
「やだ!」
(らちが明かない…)「わかった、少しだけね」

と言ったものの、5分10分では帰る気にならず、結局帰宅したのは12:00過ぎでした。11:30頃に夫にLINEで簡単に状況説明し「こんな状況だから昼食を作ってほしいな」とメッセージを入れました。

そして、重たいお腹で買い物袋を抱え、何とか娘を連れて帰った私。買い物の荷物を運ぶのも、正直しんどい。しかし、夫は手伝いに来てくれない。ダイニングに行ってみると、PCとにらめっこしている夫がいるだけで、お願いしたお昼ご飯は…作っていない。12:00過ぎからご飯を炊く私。重いお腹で、買った物々をしまい、昼食を作る私。

「ご飯できたよ」
「お腹すいた、ありがとう、いっただきま~す」

そそくさと食べ終わり、PCへ向かう夫。私はみんなが食べ終わった食器を予洗いし、食洗機にしまい、やっと仕事再開。その日の午前中は、私は1時間しか仕事できませんでした。

夫よ、”当たり前”と思っていないかい?

ご飯を作るのは、母(私)がするのが”当たり前”なのかい?答えは否!!誰がやったっていいんだよ。そう、いいんだよ、Youがやってもいいんだよ。

食べ終わった食器も、シンクに置きっぱなし、じゃなくて。そう、いいんだよ、Youがやってもいんだよ。

ってか、あれもこれも!「なんか、私がするのが当たり前みたいになってない?」とか、「え?また動画見せるの?」とか、「え?こんな時間におやつあげちゃうの?」とかとか、自粛生活中のあれやこれやのモヤモヤがあふれてきてしまいました…。

このモヤモヤした気持ち、どうしたらいいの?

私は自分で言うのも何ですが、傍からは「良い人」そうに見えるみたいです。しかし、中身は「良い人」ではありません。イライラもするし、モヤモヤもするし、「もぉー!!」と怒ることもあります。そして、負の感情を溜める器が大きくありません。少し注ぐとすぐあふれちゃう…なんとも情けない人間なのです。

しかし、自粛中、娘や夫と過ごす時間が長く、家族と言えど気を使い、また慣れない自粛生活の中、みんなストレスが溜まっているのは、分かりました。

特に娘はお友達に会えないことが、この上なく寂しかったようで、夕方や夜になると、「寂しいよぉ」と泣いてしまう日もたくさんありました。都度、私の感情だけ垂れ流し?にするのは違うなと思っていました。

でも、もうモヤモヤ・イライラが止められず、「良い人」をやめて、自分の気持ちを素直に吐き出してみました。

まずは、ぼっちLINEで

そう、私がまずやったのは、気持ちの文章化。前述したように、みんながみんな、大変で頑張っている中、やみくもに自分の感情をぶちまける前に、ぼっちLINE(LINEの1人グループの詳細については、過去に「わたなべさとみ」さんが詳しく書いてくれている記事がありますので、最後にリンクを貼り付けておきます。「わたなべさとみさん」ありがとうございます。こんな使い方している私をお許しください!笑)で思ったことをそのままババババーーーーーー!!!と吐き出すように書き出してみました。

すると、不思議とそれだけで、気持ちが楽に。そして、書き出しているうちに少し冷静に…夫にこれは伝えよう、これは私の感情的な問題だから、言わなくてもいいかも…と第三者視点でも考えられるようになります。

自分の気持ちを整理してから夫と話し合いを

いつもなら、感情が先走りがちな私ですが、一旦ぼっちLINEで吐き出して整理している分、少し冷静に論理的かつ建設的な話し合いができたと思いました。

今回の、食事作らないモヤモヤ問題も、妊娠中の私は体重を気にしたり、食べるものも気を使っていたので、夫は任せる方が良いかと思っていたこと。忙しい時は、都度お皿も洗わなくても良いのでは、と。

なるほど!と、話し合いをしてみて、私のモヤモヤも晴れていきました。食事については、料理自体は好きだし、今後は余裕があれば、作ってみるねと言ってくれました。

そして、夫の良いところを再確認することにも繋がりました。客観的に見ても、夫は育児に家事にも協力的です。言葉で直接言わなくても、黙って私への配慮もしてくれるタイプです。

こういった話し合いの場での、私への伝え方もとても上手です。夫から私へ話がある場合、私の機嫌のよい時に、冗談を交えながら話してくれます。一方、私は、自分が話したいときに感情的にドバドバ話してしまうタイプでした。(そりゃ、変な?険悪なムードになるわけです)

また、客観的に自分の気持ちを見つめる事ができました。特殊な環境に置かれ、自分の心のモヤモヤを整理することで、「自分ばかり頑張っている」「自分ばかり負担している」と思い込みがあったと私自身反省しました。

他のことでも応用

仕事での、モヤモヤやイライラも文章化してみる。何が問題?何が要因?何が課題?何が解決の糸口になる?など、そういった文章から導ける場合も、もちろん、単純な愚痴の場合もあり、すべてがすべてではないですが。

1、気持ちが楽になる
2、冷静に自分を分析できるきっかけになる

もちろん、「わたなべさとみ」さんが紹介してくださっている、育児記録としても私も使っています。こちらも便利なので、是非、上手に活用してくだいね。

モヤモヤは一旦、ぼっちLINEに自分の気持ちを吐き出してみてはいかがでしょうか?解決の糸口が見つかるかも?!知れません

リンク一覧

crown weekly ranking

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
αさん

6歳年上の夫と、夫と瓜二つの長女と次女の4人暮らし。ちょっとおっちょこちょいな働くママです。育児も家事も仕事も楽しく☆1日1回は大笑いしたい(笑)

αさんの記事一覧 v-right