/ 2020.07.27

ストローを使って簡単できれいにさくらんぼの種がとれます!

わが家の子どもたちは、「さくらんぼ」「ぶどう」や「すいか」など、種を口から出すようなフルーツがどうも苦手で、必ず「ママ種とって」と言われます。

「早く1人で種くらいとって欲しいなぁ」と思いつつ、今まではスプーンで面倒だけど種をとっていたのですが、ストローで簡単にとれることを教えてもらいました。

用意するものは太めのストローを1本のみ!今回はスタバのフラペチーノを飲んだときにもらったストローをリユースします。タピオカドリンクや、シェイクのストローなど太めのものを用意します。

やり方はすごく簡単でシンプル

【1】さくらんぼの軸のついていた方から、ストローをグイッと差し込んで、種に当たったらストローをクルクル5〜6回くらいまわす。このときに、反対側まで突き出さないように注意してくださいね。

【2】種をすくいとるようにストローを抜きます。すると、ストローに種がちょうどいいサイズでハマり、とれます。

仕上がりもとてもきれい

わが家ではこのやり方で、種がとれたものから次々と食べられ、当たり前ですが「種がないと、やっぱり食べやすい」と好評です。

種がとれたさくらんぼの仕上がりもとてもきれいなので、お菓子作りなどにも使えます。ぜひお試しください!

さくらんぼの種がストローで簡単にとれる時短テクニック!便利です!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ハシト チサさん

おませな3歳女の子と元気いっぱい1歳男の子のママです。「楽しんだもの勝ち」と思いながら日々生活しています。新しいものやかっこいいなと思うものを探すのが好きです。

ハシト チサさんの記事一覧 v-right