魔の2歳児、Terrible Two、イヤイヤ期。なんとも重い気持ちになる言葉ですね〜。わが家の娘も3カ月前に2歳になり、自己主張がより強くなってきました。

同時期に夫の異動、引越、保活のやり直し、私の在宅ワークが始まるなどさまざまな環境の変化があり、家族全員余裕がないプチカオス状態に!そんな中、思うがままに行動する自由な娘。最近のトレンドはあの歌のようで…

こんなふうに、期待と全く異なる行動をするため、私は常にイライラ。で、イライラしてしまう自分にもイライラ!

それを変えるきっかけとなったのが友人に教えてもらった、下記の記事。(リンク一覧をご覧ください)そんなに長くないのでもしご存知ない方は良かったら読んでみてください。

魔の2歳児と呼ばれる彼らは無秩序に動いているというよりは「気分」という大きな流れに身を任せて過ごす民のようです。私たちの中で重要な位置を占めている因果というものは彼らにとってはさほど重要ではない、そう解釈できたことでなんだかスッと気持ちが楽になりました。

その後、目的を果たすためには彼女の中に流れているゆったりとしたリズムを意識するようにしました。ご飯を食べようと誘っても嫌がり、コップを持って離さない。そしたらおもむろにそこに飲み物を入れてみると、なんとなく一口飲んでみて、そして椅子に座って、なんとなくご飯を口に運び始めたりします。

そう意識はしても、やっぱり仕事で疲れた日や予定が詰まっている日は「もーーーっ!(早くして!)」となるときもありますが…。

早めの行動をすることで時間に余裕を持たせることだけはできるので、とにかくコントロールできるところだけ注力しています。あとは、なるようにしかならない、うまくいかなくて当然、くらいの気持ちで。

自分の親だって適当だったし全然完璧なんかじゃないけど、私も一応社会人になれたし、そんな感じでいいんですよね、きっと。(と、言い聞かせています笑)

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
タナベミキさん

ジュエリーデザイン、アートディレクションを生業とするウッカリ系かーちゃん。コーヒーを淹れる時間が癒し。2歳娘と夫の3人家族。育休中に始めた育児漫画をインスタグラムに気儘に投稿しています。ささやかだけど忘れたくない日常を切り取っていきたいと思います。

タナベミキさんの記事一覧 v-right