/ 2020.08.06

暑い暑い今年の夏…そんな夏に大活躍なのが、そうめん。でも、そうめんって中途半端にあまったりしませんか?そんなときはこんな使い方はいかがですか。

そうめんをフライの衣にしちゃうのです!

衣を全部そうめんにしてもいいのですが、衣が剥がれやすくなってしまうのと、揚げたときカリカリになりすぎて口の中を襲う凶器レべルだったので、私はパン粉に混ぜてサクカリのアクセント程度にしています。

作り方は簡単!パン粉にそうめんを砕いて入れて揚げるだけ

そうめんを乾麺のまま2cmくらいに砕いてパン粉の中に入れていきます。

そのあとの要領は、普段のフライと一緒。小麦粉付けて~卵つけて~そうめん入り衣をつけて~油で揚げるだけです。

今回は、ささみ×大葉×チーズの黄金コンビで揚げました。パン粉のサクサクとはちょっと違う、プリッツレベルのカリカリで本当にいいアクセントになりますよ。

それでも残ったそうめんはそのまま揚げてサラダに入れてもよさそうです。

“フライパンで揚げ物”が楽ちん!

ちなみに、この汚いフライパン…揚げ物専用です。わが家はフライパンが焦げ付きやすくなったら、新しいフライパンを購入しますが、それまで使っていたフライパンは揚げ物専用のフライパンに格下げ(いや、格上げ?)されます。

揚げ物をするのにフライパンがおススメな理由は…
1)少ない油で済む
2)一度にたくさん揚げられる
3)お手入れが楽ちん
色は均一になりにくいけれど…少ない油でカラッと揚がる気がします。おすすめです。

※フライパンの種類によっては揚げ物に向かないものもあるようなので注意が必要です

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
がんプリママさん

6歳と3歳のやんちゃボーイズのかあちゃん。自作のプリントで毎日楽しい家庭学習を実践している “ゆるゆる英才教育ママ”です。やっぱり気になる幼児教育!!\楽しさの中にも子ども達にとって学びがある/そんな情報をお届け出来たら嬉しいです♪

がんプリママさんの記事一覧 v-right