夏の帰省を見送りました。

平日は会社員、週末はパラレルキャリアでイラスト描きとタロット占いをしている、2歳児の母、うかたそです。

お盆休みが終わりましたね。わが家は夫婦共に「お盆休み」というものはないのですが、夏の帰省は毎年していました。しかし、私たちは都内在住。一方で両親、義両親共に地方在住。コロナウィルス感染者が一番多い都内から、県をまたいでの移動は避けた方がいいだろうと三家族で相談し、泣く泣く今年の夏の帰省は見送ることにしました。

じーじばーばには、かわいいこの時期を見逃して欲しくない

何が一番悲しいって、めきめきと大きくなって、ますますかわいくなっていく娘の「今」を、両親が見逃してしまうこと。

2歳7カ月の娘。最近のビッグトピックスは、もうすぐオムツがはずれそうだということ。朝起きてもオムツが濡れていなかったり、小も大もしっかり自己申告してくれるようになりました。大は一回では出ないのですが、根気よく4回、5回と自主的に何度もトイレに行き、絶対にオムツにはするもんか!という意識が感じ取れます。(親の方がのほほんとしているくらい)

それからおしゃべりがさらに上手になりました。おままごとも始めるようになり、その様子のかわいいこと、かわいいこと。

ディズニーが好きで、『ちいさなプリンセスソフィア』や『ミッキーマウスクラブハウス』や『ミニーとデイジーのハッピーヘルパー』を好んで観ています。

赤ちゃんから1歳にかけては甘いものが好きではなかったのに、今ではすっかりヨーグルト、プリン、カルピスなどの甘いものが好物になっているので、じーじばーばも買ってあげ甲斐があることでしょう!

そんなあれこれを、子どもを目の前にして両親に話して聞かせたかったな…と、少し寂しく思っています。

このまま今年の夏は何もしないんじゃつまらない!

落ち込んででも仕方ない!今年の夏は、娘の成長記録を送ることにしました!

毎年誕生日を過ぎた頃に、イヤーアルバムを作って両家の両親に送っていますが、今回はそれとは別の特別編。題して、『帰省できないステイホーム期間の成長記録』!!

なんてひねりのないタイトル。でも、この方があとから見返したとき「ああ、あのときのアルバムね!」と思い出しやすいかなと思ったのです。

いつかこのアルバムを、「そんなこともあったね」と一笑に付すことができるようになっていればいいなぁ…。

ちなみに、気になるアルバムのお値段は

イラストにも書いてあるとおり、一冊298円です。

しまうまプリントを使いました。送料は100円なので、両家と自宅の3箇所に送っても、込み込みで1,300円くらいでした。アルバムの他に、夏のご挨拶としてお中元もあわせて送っています。

今年はこんな帰省になってしまいましたが、来年はきっと帰省できているといいなと願って。

おそらく今年の冬も帰省できないでしょうし、今から年末年始は何を送ろうか考えています!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
うかたそさん

会社員。夫と3歳娘と3人暮らし。都内在住。好きなものはお酒と旅行と絵を描くこと。「母になってもやりたいことを諦めない」「自分らしく生きる」がモットー。コロナ禍の心の支えは、スペイン語学習とバランスボールエクササイズです。

うかたそさんの記事一覧 v-right