欲しいものが安く買えるダイソーでは、今や本まで売られています。本好きだし、100円(税別)とお手軽なので、つい興味深い本を見つけると買ってしまいます。今回は、今まで買ってみておすすめのダイソーの本について紹介します。

1.あった?シリーズ

人気の絵本『ミッケ』シリーズの簡易版のような絵本です。

軽くてコンパクトなので、電車など公共機関での移動時や、病院などの待ち時間に持ち歩きやすくて便利です。また、英訳があるので、楽しみながら英語の学習もできるのが、こちらのシリーズの良い点だと思います。

2.迷路&さがし絵 シリーズ

こちらも迷路シリーズの絵本と内容が似ています。

迷路シリーズでは、通常の迷路のほかに隠し絵やおまけの迷路、クイズがありますが、こちらのシリーズは隠し絵や文字さがし、おまけの問題があります。なので、文字を覚え始めのお子さんの文字の学習にもなると思います。

あった?シリーズと同じサイズなので、持ち運びにも便利だし、保管にも場所をとらないので、シリーズでそろえたくなります。

3.親子で楽しい!英会話

わが家では親子でオンライン英会話を受講していますが、こちらの本は日常会話と日常でよく使われそうな動作の英語表現が書かれているため、予備知識として役に立ちます。

また、PCですが音声を無料でダウンロードできるので、聞き流しもでき、とてもコスパのよい本だと思います。

4.大人の常識 四字熟語ドリル

クイズ番組を見ているとよく四字熟語の問題が出てきたり、親子で好きなOfficial髭男dismのいくつかの歌の歌詞にも四字熟語が出てきたりして、子ども達が興味を持っていたので購入してみました。日常的なものから聞いたことのないようなものまであり、すきま時間に読むとためにもなります。

余談ですが、先日小学生の息子がいつも学校で行う漢字テストのように、この中から10問テストを出してきて、久しぶりの漢字テストに苦戦しました。

今やほとんどがPCやスマホを使ってメールや文書を作るため、自動変換されるし、なかなか書く機会がないので、漠然と分かっても書くのは難しく感じました。脳トレのためにも、実際に書くという機会を増やしていきたいなとも思いました。

5.ナンプレシリーズ 

ナンプレは老若男女問わず人気で、脳トレにも暇つぶしにも最適です。ダイソーではさまざまな難易度の本が売られているので、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。また、時々雑誌でも販売されていて、豪華商品に応募することもできます。わが家はまだ当たったことはありませんが、100円で豪華な商品を当選できたら、ラッキーですよね。

脳を活性化させることでボケ防止にもなるので、敬老の日のプレゼントにも良いと思います。

6.アドラー心理学 人間関係を楽にするコツ

『嫌われる勇気』などで有名なアドラー心理学の基本的なことが書かれていて、子育てにも役立ちそうなので読んでみました。『相手は変えられなくても、自分自身を変えることはできる』をベースに、考え方次第で人生は楽になるんだなと思いました。たった100円でたくさんの気付きのもらえる本です。 

7.目に効くトレーニング

私たち両親が近視で、親が近視だと子どもに遺伝する確率が高いと聞きました。実際、中高生の子ども達が視力が落ちつつあるので、試しにこちらの本を購入してみました。

最初は難しく感じますが、慣れてくると3Dアートが見えるようになります。まだ試して間もないので視力回復の効果は分かりませんが、目の筋肉をほぐすことで目にも良さそうです。

他にも最近では幼児向けの絵本まで販売されていて、ジャンルがどんどん拡大している気がします。読書の秋、ダイソーの書籍コーナーをのぞいてみてはいかがでしょうか?

ダイソーへ行ったら本コーナーも立ち寄る価値あり!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
SAKIさん

小中高の4児の母で、海外に販売する仕事をしているワーママです。
子ども達のやりたいことを全力で応援しながら、自分時間も楽しむ!をモットーに、子育てや日々の暮らしの中で良いと思ったことをお伝えしていきたいと思います。

SAKIさんの記事一覧 v-right