こんにちは、遊びママのkeiです。息子が3歳になったので、遊べるボードゲームが増えてきました。今日は、3歳2カ月の息子が最近ハマっているゲームを紹介します。

「お買い物リストにある品物を覚えて探して、見つけよう!」

メーカー:オーチャード・トイズ
商品名:ショッピングリスト
---
対象年齢:3歳〜
プレイ人数:2-4人

自分のショッピングリストに書いてあるアイテムを、誰よりも早くそろえられたら勝ち。アイテムカードは全て裏返しになっているので、記憶力が必要です!神経衰弱の変化版なゲームです。

神経衰弱の変化版、「ショッピング・リスト」の遊び方

まず、4枚あるショッピングリストからそれぞれ1枚選びます。

今回選んだショッピングリストには、
apples
carrots
chicken
cheese
curry sauce
doughntus
toilet rolls
socks

8つのアイテムが書いてあります。

次に、ショッピングカートかバスケットのカードを選びます。うすーく8つの枠が。ここにアイテムカードを置いていきます。

アイテムカードは全部で8種類 x 4で32枚。絵柄がポップで可愛いですよね。これはお気に入りの Toy Monster!

アイテムカードは全て裏返しにします。さぁ、ゲーム開始!

ショッピングリストと、ショッピングカートかバスケットを手元に置きます。ショッピングリストの中身を覚えます。英語の勉強にもなりますね。子どもたちは、絵を見てアイテムの名前を声に出します。

順番に、裏返しになってあるカードをめくり、ショッピングリストに一致するアイテムがあった場合はカートかバスケットにそのアイテムカードを入れます。もしショッピングリストに無い場合、そのカードは元どおり裏返しにして戻します。この時、みんなに見えるように置きましょう。

ショッピングリストのアイテムを全て揃えられたら勝ち!

引っ掛けも!

Strawberries と Tomatoes!こんな風に一見同じようなカードもありますよ。

ゲームを終えて

以前、2歳半から遊べるドイツの神経衰弱「メモリー」を紹介しました。「メモリー」は16種類の絵柄だったのですが、こちらは32種類。記憶力がさらに鍛えられます。また、英単語を覚えられるという点も良いですね。

対象年齢は3歳から。先日、息子と息子の4歳のお友だちと遊びましたが盛り上がりました。2人から4人で遊べます。どんどんショッピングカートにアイテムがたまっていくと、うれしい ^^おすすめです!

神経衰弱ゲームの次に、変わり記憶ゲームはいかがですか。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
keiさん

オーストラリア人の夫と4歳の男の子&2歳の女の子と4人で暮らしています。仕事はボードゲームや玩具の輸入卸会社で、コミュニケーション・ディレクター。『遊びで笑顔の子育てを』をモットーに、日々、子どもと一緒に楽しめることにアンテナを張っています。
2021年3月、夫婦揃ってリモートワークになったことを機に東京から長野へ移住しました。

keiさんの記事一覧 v-right