こんにちは、donaです。

先日読んだ育児コラムが画期的だったので紹介します。

子どもは“ 出来杉くん”を目指そうとするな。

“ 磯野カツオやちびまる子ちゃん”を目指す方が良い。

何がなんでもほめて育てようとするのは良くない。

親の評価を気にする、親の思う道に進もうとして、主体性のない子に育つ。

これは聞いたことあったんですよね!けれど、カツオ育てるってなんだ…!!

カツオやまるちゃんの共通点は、“ 自分にとって良いこと・悪いことが明確”。いやなことはやらない。望むことはきちんと主張する。主体性があり、ストレスに強い!

なるほど、タラちゃんは小さいながらも優秀でいわゆるいい子だけど、親の望む子を演じてしまいがちになるのか。

それでは、カツオを目指すとして親としてどうするか?

ある程度自由にさせる。感情的に怒りそうなときはそのトーンで、「貴方のことが大好きよ!」というメッセージも伝える!

いわゆる“ 自己肯定感”を高めるってやつね!感情的に怒って愛を伝えると、気持ちもこもってる分伝わるとか…。

とても勉強になりました。どうしよう、価値観かわりそう。これからうまくいく予感。と、考えていても、ぐずる子どもたちを前に理想通りににいかず。

「カツオ育児は難しいな…」と夫婦で顔を見合わせて苦笑するのでした。本日もお読み頂きありがとうございました♪

育児ノウハウは程々に取り入れて快適育児♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
donaさん

3歳・1歳姉妹ママ。元アパレル、三度の飯とファッション大好き。
パーソナルスタイリストの勉強中。

donaさんの記事一覧 v-right