こんにちは、ミチテルです^^以前子どもたち(4歳娘、2歳息子)と本屋さんに行きました。いつもは「私が読んでほしい本」を選んで買っていたのですが、今回は「子どもたちがほしい本」を自由に選んでもらってみました。子どもたちがどんな本を選んだのか、子どもたちの反応は?について書いていこうと思います。

娘が選んだ本は…

娘が選んだのは、ディズニーの「美女と野獣」の絵本。アニメの絵本版で、私なら「テレビでいつでも見れるし」と、手に取らなかった本です。娘は今、プリンセスブーム。いろいろ悩んで決めたのは「ベル」でした^^

息子が選んだのは…

息子は「パトカーとしょうぼうしゃ」の本。薄い図鑑のような、写真がたくさんのっている本です。乗りものブームな息子は、本屋さんでたくさん乗りものの絵本を持ってきました。笑

「全部ほしい」だったのですが、ひとつひとつ見て選んでもらって、ようやく1冊に!

ふたりの反応は?

自分で選んだ本。すごくうれしかったのか、とっても大切にしています。その日、家に帰ってからももちろんなんですが、その後数日経っても「自分の本」だから、と、お片付けも積極的に。「読んで~~!」と持ってくることも多くなりました^^

読んでほしい、読み聞かせしたい本とはちがうけれど

読み聞かせ「されてる」と感じるか、「してほしい」と感じるかで、絵本に対する気持ちが変わります。今回、自由に好きな本を選んでもらったことで、子どもたちが絵本を身近に感じている様子が伝わってきました。

そして、自分で選んだ本は、どのおもちゃよりも大切にします。《自分で選ぶことの効果》も感じられたように思います^^

わが家の恒例行事に

「子どもたちがどんな本を選んでくるのか」「大切にしてくれる様子がうれしい」

親にとっても、とても良い体験になりました!毎週は難しいけれど、定期的に本屋さんに行って「自由に選ぶ体験」を続けてみたいなと思います。本を好きになることで、いろんな本に興味をもってくれるとうれしいな♪

ディズニーランドの「美女と野獣」新アトラクション、行ってみたいなぁ…(私が)

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ミチテルさん

3才娘と2才息子、同い年の夫と4人暮らし。リハビリ職として働くママです。 ◇手軽&健康おうちごはん ◇好きをつづけるコツ◇子育て、健康について

ミチテルさんの記事一覧 v-right