/ 2020.10.15

子育てし始めてから新たに買ったものって数え切れないほどありますが、使用期間は短いものがほとんどです。子どもがみるみる成長して、必要なものもどんどん変わっていくので。

ずっと使ってる物ってそういえばないな〜と思っていたら…ありました!赤ちゃんの頃から長男が6歳の今まで、なんなら今後もずっと使い続けそうな物が。

それはお風呂場のこれ

ミヨシ 無添加せっけん泡のボディソープです。子どもが産まれてから、体や服や食器類を洗うものは、赤ちゃんもOKなものを買うようになりました。

長男のときも次男のときも、大きくなってくるとあまり気にしなくなって、一般的なものに戻ります。でもこれは使い続けているのはなぜかというと、安心なうえに使い勝手も良いから。

まず安心感

ベビーソープは数種類売られていますが、赤ちゃん向けといってもいろいろと入っていたりします。赤ちゃんでも大丈夫なようになっているのでしょうが、私はなるべくシンプルな内容物のものが良くて、ボディーソープも洗濯洗剤も、この石鹸メーカーのシリーズにしていました。

産まれてしばらくは同じメーカーの「無添加 泡で出てくるベビーせっけん 」を使っていましたが、途中でよりコスパの良いこちらに替えました。

泡立ち、泡切れが良い

泡立ちが良く泡が長持ちで、子どもを支えながらの片手でも子どもが自分ででも、洗いやすいです。なにより流した後、変にヌルヌルが残らず、すぐスッキリするのが私も子どもも気に入っています。息子たちは髪の毛含め全身全て、大人は体洗いに使用。お風呂場に置くボトルをある程度統一できます。

保湿成分など入っていないせいか、私のカラーしたボブヘアに使うとイマイチでしたが、傷みのない短髪の男児たちはサッパリ&サラサラになります。

パッケージもシンプル

成分だけでなくパッケージもシンプル。ベースが白なので周囲と調和しやすく、見栄えのために別のシンプル容器に移し替えしなくても気になりません。

ちなみに前述の「無添加 泡で出てくるベビーせっけん 」は薄いピンク色。それもこちらに変えた理由の1つです。

大容量タイプの詰替えが使い勝手良し

近頃主流になりつつある大容量のスパウトタイプ詰替え。まだ無い商品も世の中に多々ありますが、これにはあるのもうれしいところ。買い足しを気にする頻度が減るのはもちろん、ハンドソープとしてもこれを使っていたときには補充用ストックを統一できるメリットも。

わが家はコロナで手洗い頻度が激増後の今は保湿や殺菌成分もうたっている別の商品に変えているのですが、ハンドソープとしても使っているユーザーもわりといるようです。

同シリーズにはハンドソープもあり、より適した成分配合なのでしょうが、ボディーソープと兼用の方がコスパが良いので。

シンプルで事足りるならシンプルが1番!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
てんてんこさん

家事も育児も「手軽で最適」な解決法を探して楽しくがモットー。面倒くさがり&概ね合理主義&調査工夫は得意なアラフォーママです。小1&1歳息子と転勤族の夫がいます。

てんてんこさんの記事一覧 v-right