付録のエコバックがすごい!

今年は雑誌を購入するのはもっぱらネット…だったのですが、最近少しだけ本屋さんを覗いてみると雑誌の付録も色々あって見ているだけでワクワクします。

最近では、集英社から発売されている雑誌の付録がそれぞれ鬼滅の刃とコラボしていて大人気になっていますよね。最近必需品となったエコバッグが付録についている雑誌もたくさんありました。その中でも、ちょっと他のエコバッグとは違う…サイズが変幻自在!?のエコバッグが付録についていたので紹介します。

ハグマグ秋冬号についてます

私が購入した雑誌は、現在発売中のHugMugの秋冬号です。臼田あさ美さんの表紙が目印。764円(税別)です。写真で、雑誌と一緒に並べているのが、付録のチャオパニックティピーの絞りエコバックです。秋らしい黄色がとってもかわいらしいです。

えっ、小さい!? と思いませんでしたか?そうなんです。物を入れていないときのバッグはとっても小さく縮んでいます。バッグやリュックにエコバックとして入れておいても全然かさばらないんです。

大きなもの、重いものでなければ入れてもサイズ感は変わらないのでハンカチティッシュを入れてわが子にバッグとしてわたすと大喜び!子どもが持つとちょうどいいサイズで、かわいいですよ。

どんどん入る、大きくなる!

そして、少し大きめの物を入れると絞り加工がぐーんと伸びてバッグが大きくなります。ちょっとしたお買い物の時のエコバックにぴったりです。ママも、子どももどちらも使えるエコバックですよね。

さらに、ハグマグ誌面では使い方の例として普段使っているバッグを包むことも提案されていました。いつものバッグがイメチェンできるのも楽しそう…今度やってみようと思います。伸び縮みするのでバッグのサイズを選ばないのもいいですよね。

生活必需品だからこそかわいく

買い物袋の有料化に伴い、エコバックは私たちの生活に欠かせないものになりましたよね。常に持ち歩くものだから、やっぱりかわいいものだと気分も上がります。そして、エコバックはいくつ持っていても便利…!

他にも雑誌やムック本の付録で様々なエコバックが販売されています。色々リサーチして、お気に入りのエコバックを探してみてはいかがですか?

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
るるさん

2人の子育て真っ最中!のミドサー主婦です。2歳の息子は誰に似たのか色白スレンダー。0歳の娘はおっとりマイペース。緑に囲まれたのどかな田舎で育児をしています。のんびり、たまにバタバタ毎日を楽しんでいます。

るるさんの記事一覧 v-right