鼻水との戦い

私の推しアイテムはずばり、電動鼻水吸引器。私が持っているのは有名な「メルシーポット」というものですが、1万円ちょっとするものの、本当に買って良かった、いや、もう子どもが生まれたらすぐにでも買うべきだったと思います。

なぜなら保育園に入ると受けるのが風邪の洗礼。冬になればクラス内は鼻水を垂らした子だらけ…。わが子も低年齢のうちは月の半分くらいは鼻水を垂らしています。保育園児は鼻水との戦いです。

耳鼻科へ通院するも中耳炎に

鼻水が続くと心配なのが中耳炎です。まだ鼻がかめないうちは自力では鼻水が出せず、中耳炎になりやすくなります。長男は0歳の頃から保育園に入園していたのですが、やはり0歳児は免疫力も弱く風邪ももらいやすかったうえ、長男の場合は中耳炎になりやすいタイプだったようです。鼻水を出すたびに毎日耳鼻科に鼻水吸引のために通院していました。

鼻水はなかなか治りづらく、毎回「このまま進んだら鼓膜切開だね」と言われていました。赤ちゃんに鼓膜切開だなんて痛そうで可哀相!!可哀想すぎてなんとしても鼓膜切開を避けたかったので、仕事のあと保育園に迎えに行き、ベビーカーを押して耳鼻科へ通い短くはない待ち時間を経て鼻水吸引。親のほうもこの生活はなかなか大変でした。

手動、携帯型電動、据え置き電動3種類買った結果

鼻水を吸引する道具はいくつかあります。口で吸うタイプ、手動のスポイトタイプ、電池で動く携帯タイプ、据え置き電動タイプ。
口で吸うタイプは、吸った親がもれなく風邪をもらうので最初から買いませんでした。

最初に買ったのは数百円で売っている手動のスポイトタイプ。これは鼻を覗いたところから見える鼻水くらいは吸えます。手前の方しか取れないので、ティッシュで取るのと大差はない感じでした。

次に買ったのが数千円の電池で動くタイプの携帯型電動鼻水吸引器。私が買ったのはコンビから販売されているものです。静音で奥まで取れるとの謳い文句でしたが、電池で出せるパワーには限界があり、粘度の高いねばねばした鼻水吸い出せませんでした。また、奥の方にある鼻水も吸えていなかったと思います。サラサラした鼻水なら吸えることと、携帯できるというメリットから帰省時用として時々使っています。

そして3つ目に購入したのが、1万円以上する据え置きの電動鼻水吸引器、メルシーポットです。耳鼻科に通院すれば無料なのに…と値段に躊躇していましたが、あのときの自分を殴りたい。本当に最初からこれを買えばよかったと思いました。

角度にコツが必要ですが説明書通りにやってみると本当に奥からずるずる音を立てて出てきます。ねばねばした鼻水もちゃんと吸い出せます。さすが「耳鼻科と同じ吸引力」のキャッチコピー!これがあれば耳鼻科への通院はぐんと回数が減らせます。

耳鼻科だと1日1回しか吸引できませんが、これがあれば家で何度もこまめに吸ってあげられます。鼻がつまっているとおっぱいが飲みにくかったり、夜寝苦しかったりと、子どもにとっても辛い状態なので、いつでも鼻水を取ってあげられるのは良いですね。
そして危惧している中耳炎にもなりにくくなり、たとえなってもそこまで悪化することもなくなりました。もうメリットしかありません!

当の子どもの反応は?

子どもはというと、当然めちゃくちゃ嫌がります。もうスイッチを入れたら大泣きです。ただ吸引でスッキリすることを覚えると自ら鼻にチューブを当てる子もいるとの噂もありますよ。でもこれは子どもによるようです。うちの子は残念ながら二人とも現在に至るまで大嫌いのままです(笑)。

据え置きの電動鼻水吸引器は1万円以上しますが、鼻がかめるようになるまではずっとお世話になること間違いなし。1万円以上の価値はある私のおすすめ育児アイテムです。

赤ちゃんが産まれたら一家に一台!電動鼻水吸引器!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
はるこ*いとをかしさん

3歳と1歳の兄弟を育てる医療系ママ。定期的に温泉に行きたくなる病。 子どもを産んだら可愛すぎたのでインスタで育児絵日記を描き始めました。 頑張らない日々の育児絵日記、子どもの医療や健康のお話、2人のバタバタ子連れ旅行のお話などを綴ります。

はるこ*いとをかしさんの記事一覧 v-right