皆さんはどのような手帳を使っていますか。私はもともと手帳を書くことが大好きだったのですが、ここ数年は子育てに追われていて、小さいマンスリー手帳のみで予定を書いていました。

最後の育休から復職して3カ月。だいぶペースがつかめてきて、かつささやかな夢ができたので、来年はしっかり書き込みたいと思っています。そんな私が2021年の手帳に選んだのは、CITTA手帳。前々から気になっていて本を読んでいたのですがまだ手帳は実践できていませんでした。

この手帳は予定を書くのではなく「自分の未来の予約表」であること。これはCITTA手帳の開発者、青木千草さんの言葉。2021年は時間を管理して、未来を創っていきたい!

今日は、使い始めて二週間で明らかにマインドが変わった私が、CITTA手帳の魅力を、私の書き方と共にお伝えしたいと思います。インスタのハッシュタグ「#citta手帳」で先輩の皆さんの書き方を参考にしています。

CITTA手帳のここが好き〜ワクワクリスト〜

CITTA手帳では、毎月ワクワクリストを書くページが設けられています。しかも見開き1ページで54個も。行の端には日付がかけるようになっていて、リミットもあえて加えます。始めはなかなか埋まらなかったのですが、逆に埋めようと、思いがけないアイデアも浮かんできてさらに実践できたので、うれしい。

日々、自分の考えは違っていくもの。ワクワクリストは定期的に見直して更新していくというのが良いそうです。だから毎月ページが設けられているんですね。来月のワクワクリストはどんなリストになるかな。

ちなみに私の一日は、家族時間(家事、育児、子どもと遊ぶ)、仕事時間、自分時間(自分、夫婦の時間)の3カテゴリーなので、それぞれ色分けして、どのぐらいの割合で一日を過ごしているか、可視化できるようにしました。ワクワクリストも、そのカテゴリーごとに書いています。

CITTA手帳のここが好き〜ウィークリーページ〜

ウィークリーは見開き1ページ。24時間で区切られています。土日を含めて均等に。土日も平日と同じように計画したいのでたっぷり使えるというのが助かる。

それにしても、手帳を手にしたその日の自分の1日を書いて見ると、自分の時間が合計で1時間しかなかったことに気づく。しかもその1時間はなんとなく携帯をみて終わってた...!一日目から身が引き締まる思いがしたのでした。

そこで、リモートワークの私は、お昼休みも自分時間として活用できることに気がつきました。TVを見ながらぼんやり仕事したりネットサーフィンをするだけではなく(もちろんこういう日もOKだけど)、読書や趣味に当てるなど、有意義なワクワク時間を過ごしていきたいです。

そしていつも家事→仕事、と通勤時間がないために慌ただしく切り替えていたのですが、コーヒータイムを設けることにして、ワクワクリストを読み返したりするようになりました。

ウィークリーの下部の空きスペースには、保育園の給食と夕飯のメインメニューを書いています。給食の全部を書くのではなく、「鶏」とか「魚」とか、ざっくりですけどね。給食が肉の日は夕飯は魚にしたり、パンやパスタの時は朝ごはんをお米にしたり。ざっくりではありますが、献立を考えるときに助かっています。

わが家では毎週、食材宅配をお願いしているので、注文するときに次週の献立を考えています。注文は日曜日の夜に。私は食事作りが家事のなかで一番苦手で、その中でも献立を考えることにストレスを覚えるので先回り!

CITTA手帳のここが好き〜各ウィークにメモスペース〜

ウィークリーの右側に、メモスペースがあります。ここに、日々のルーティーン家事、今週頑張る特別家事、自分時間でやりたいこと、習慣化する為のガントチャートを書くことにしました。

「日々のルーティン家事」は、朝と夜の家事や子どものお世話事、週家事(月曜は玄関、火曜はコンロなど)を記入しています。

そこで便利なのがCampusから出ているメモ帳型の付箋!しかもメモ欄と同じサイズの方眼紙になっているのです。毎週同じことを書くことなく、ペタッと使いまわせます!これは#citta手帳で出会った「まりころさん」のブログを参考にしました。他にも手帳グッズがいろいろと紹介されていて活用しています。

「習慣化する為のガントチャート」は、自分の健康促進のためにやりたいことや、どうしても怠けがちな家事を書いています。朝と寝る前に手帳を開くときに思い出して、頑張れる!これらがきちんと習慣化できて、早く更新できますように。もういい加減、掃除機とか書きたくない…(恥)。できない、と言うことも可視化できて良いですね(汗)。

ガントチャートのページは他にあるのですが(↓)、私はウィークリーのメモ欄にあった方が使いやすいのでここに書いています。

CITTA手帳のここが好き〜月毎のガントチャート〜

月毎にガントチャートがつけられるページがあり、私はお小遣い帳として活用しています。家計簿は他でつけているので(夫が超几帳面)、ここは私のお小遣い用。毎週定期便でお花を購入しているので、そういった定期購読は先に記入してしたり。アマゾンでポチッとしたら書き込んだり。

使い始めて二週間、その効果。

この二週間、何回CITTA手帳を開いたことでしょう!明らかにワクワクして手帳に向かっています。特に家事のレベルが上がりました(前が相当ひどい。汗)。日々、こうした方が使いやすいかな、と試行錯誤して変えているので、一年後にはどんな手帳になっているか楽しみ。

2021年はCITTA手帳と一緒に成長していきたい!と、意気込んでいるのでした。

ああ、行動派だけど飽きっぽい私。続きますように...!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
keiさん

オーストラリア人の夫と4歳の男の子&2歳の女の子と4人で暮らしています。仕事はボードゲームや玩具の輸入卸会社で、コミュニケーション・ディレクター。『遊びで笑顔の子育てを』をモットーに、日々、子どもと一緒に楽しめることにアンテナを張っています。
2021年3月、夫婦揃ってリモートワークになったことを機に東京から長野へ移住しました。

keiさんの記事一覧 v-right