踊り子号で伊豆へ…

特に目的は決めず、向かった伊豆で最高の出合いがありました。

「体感型動物園 iZoo」です!

わが家は動物好き。爬虫類も大好き。「伊豆シャボテン動物公園」もいいけれど、爬虫類ばっかりの動物園に行ってみる?聞いたことない動物園だね…なんて言いながら向かいました。

料金は大人2000円、こども800円。未就学児は無料です!熱川を少し越えた、河津町にあります。河津駅からタクシーで5分。歩けない距離ではないですが、歩道がない場所も多く、車通りも激しいので、ベビーカーや幼児さんが歩ける道ではありませんでした。帰りのタクシー手配はお早めに。

園内は爬虫類でいっぱい!

トカゲ、カメ、ヘビ、ワニ…ありとあらゆる爬虫類がとても活発に動き回っています。園内全体がかなりあたたかいので、他の動物園に比べて爬虫類が動く・見えるのが特徴的でした。

今まで見たことのないものもたくさん…

こちらはタマゴをかえすふ卵器。

最大の魅力は「触れる」こと!

カメが、園内をわが物顔に歩いています。コロナ禍のなか、マスクをした観客がほぼ無言でカメを触りまくる…カメがのしのしと歩き回る……意外と早い!

エサもあげられます

カメに小松菜などの野菜や、エサをあげることができます。価格は300円/1000円ですが、満足度的には1000円のバケツがオススメです。これは、エサを持っていない私のズボンをかじられているところです。

ウーパールーパーにも触れる

ウーパールーパーと、その変態したメキシコサラマンダー両方が同時に池の中に。そして、この池に手を入れて触れることもできます!大人は結構勇気が…子どもは勇気りんりんで手を入れてしまうので、優しく触れるようサポートが必要です。

ヒョウモントカゲモドキも触れる!

メンバーはその時々によって変わりますが、この日はレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)さんを抱っこできました。

ワニも触れる!

なにワニか忘れちゃいましたが、赤ちゃんワニも抱っこ。おててが意外とぷにぷに…ぜひ握手もしてみてくださいね。「活発な子に、腕でデスロールされるとヒフが擦り傷だらけになっちゃうんですよ~」なんて言われると、ドキドキ…

ヘビを首に巻ける!

ヘビは、触るだけじゃなくて首に巻いて写真を撮ってもらうこともできます。

30kg以下ならゾウガメに乗れる!

憧れの浦島太郎になれちゃう、ゾウガメに乗って記念撮影体験もある!

エサやり光景はそこかしこで

モッサァァァァとはっぱを入れられて、意外なスピードで集まってくるカメたちも眺められます。

そして満足するまで触れ合ったら…

そう、ワニ肉を食べる!ことも堪能できちゃいます。これは焼きワニ串。歯ざわりふんわり、淡白でくさみもクセもない、おいしいお肉。ありがとうワニさん……。

ワニ&チップス、カレー、チリコンワニなどの料理がワンプレートで味わえるドラゴンランチ。どれもおいしい…(チリは結構辛いですが、カレーは甘口)。

要注意のポイントは?

カメが靴に乗ってくると靴がドロドロに…また、おがくずが巻かれたりして安定が少し悪いため、ぜひ歩きやすく汚れても良い靴で。しかも、園内意外と広いです。

階段や狭い通路が多いので、ベビーカーでの移動はなかなか難しいです。

顔の前に指を出すと、カメにかみつかれることもあるので、お子さんには付き添いましょう。

大前提ですが、トカゲ・ワニ・ヘビなどが苦手な人は園内そこかしこなので逃げ場はありません。また、臭いはほとんどありませんが、ゴキブリのいる温室(出口前)はそこそこ、こもった臭いがします。

タクシーの手配は早めに!夕方は混雑するので、配車をお願いしても出払っちゃっているんですよ~と…これで拙宅は駅まで歩く羽目になりました。道は大通り添いで車も多く、危険です。

そして…もっともシンドイのは…園内にエンドレスで流れるテーマソング…「ハチュールイにさーわれるよ♪」あああああ耳につく!!!作詞作曲/歌っているのはヒャダインさん…なるほど。

せっかく伊豆まで来たのだから…

イズー以外も楽しむなら?もちろん温泉が一番のオススメ。

駅に足湯や手湯が!

河津駅には手湯がありました。手をあっためるだけですごーく気持ちよいので、ぜひチャレンジ…でも、ツメがびりびりするくらい湯温が高いです。

DHCが運営する赤沢温泉 立ち寄りの湯は、露天風呂付きのお部屋を予約すると0ー3歳児さんも一緒に入ることができます。海から吹き抜ける風がきもちいい!大浴場も満喫するなら、一日中いたって飽きなそう…

駅ではジビエも…⁉

伊豆高原駅では、鹿肉・イノシシ肉をゲット。冷凍で販売されていたので、ワニを食べた勢いに乗って両方購入…帰宅しても大変盛り上がりました。

爬虫類に触るならイズー!

とにかく爬虫類が好きなら一日中いても飽きない、大満足のスポットでした。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
野生のパフェさん

ネット系サービス業で時短勤務中 常にネットの中に楽しいことがないか探しています。 重度の海外ドラマオタクです!

野生のパフェさんの記事一覧 v-right