/ 2020.11.23

習い事が流行るお年頃

保育園のクラスで習い事が流行っているようなのです。息子が通う保育園は園庭もないので子どもたちは運動不足気味…。4〜5歳とどんどん活発になり始めて、あふれ出るパッションをぶつける場としての運動系習い事が流行っているようです。

近くの体操クラブには同じクラスの子が複数人いるため「みんなと同じところに行きたい」と要望する子もちらほらいるようで、送り迎えの短い時間にすれ違う親たちの悩みのネタにもなっている模様。

息子は…というと、みんなと同じところへという要望はないものの何かやってみたいなぁとポロリ。運動不足解消というのも兼ねて、地域のスポーツセンターでJリーグのサッカーチームが主催するサッカー教室へ様子見の体験へ行くことになりました。

しかしながら息子はサッカーもあまりわかっていないし、なぜ突然そこへ行くの?と質問されてしまう始末…。

すれ違う何か

体験にて最初はポカーンだった息子も先生の励ましで少しづつトライしはじめ最後には汗だくになってボールを追いかけていました。終わってみれば「もっと!もっとやりたい!次も行こう!」。

母さんとしては別にこれしなくてもいいけど、経験として、バリエーションとして知っておけば…という意味合いでの体験だったのでちょっとびっくり。

地域のスポーツセンターでのクラスというのもあり月謝の金額含め家庭に無理がないので「あ、ならとりあえずしばらくやろっか」と仲間入り決定。

しかし、家に帰って報告してみると…若干しょんぼり気味のお父さん。理由は家族全員がJリーグのでバラバラのチームになってしまうという…なんじゃそりゃ。

一体感でなくライバル。それはそれで面白いでしょ、お父さん

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ぶーやんさん

1児と猫の母。グラフィックデザイナーとしてフリーで家でお仕事。息子の影響でママ鉄、乗り物の道を少しづつ歩き始めました。

ぶーやんさんの記事一覧 v-right