サンタクロースからの手紙

サンタクロースからのお手紙とは、サンタの国フィンランドからクリスマスの時期に世界中の人々に送られるお手紙です。本物のサンタクロースからお手紙が届いたら…きっと子どもたちは喜びますよね。

うちもやってみようかと思って、有名なところを調べてみました。なんと無料のところもあって驚きです。

サンタグリーティング

フィンランド、コバントントリに住むサンタクロースからの、フィンランドクーモ市長公認の本物のサンタクロースの手紙です。サンタクロースと小人の工房から世界に向け、クリスマスに航空便で贈られます。消印は、フィンランドクーモの郵便局で押され、切手はフィンランドの特別なクリスマス切手が貼られるそうです。

お手紙の文章は
3歳以下:ひらがな、カタカナのみ
4歳―11歳:漢字、ひらがなの小学生用
12歳以上:一般文
と年齢にあわせており、英文のお手紙もあるようです。オリジナルメッセージも150文字まで入れられます。

手紙の内容、封筒、便箋は毎年新しくなるので、集めるのも楽しいですね。サンタさんからのプレゼントも同封されるそう。12/11までに申し込めば、クリスマスまでに届くそうです。申し込みは下記リンクのホームページからで、1通1500円です。

サンタクロース大使館

フィンランド・旧ラップランド州公認のサンタクロースからのお手紙です。こちらも毎年便箋、封筒の絵柄が変わるようです。クリスマス切手型シールには公認サンタクロース監修の消印マークが押印されます。

今年は通常のクリスマスのお手紙の他に、サンタさんから新型コロナウィルス感染防止に立ち向かう子供達への感謝と励ましのメッセージも届いているので、どちらかを選べます。今回の負けるな新型コロナウィルスの手紙は、それ用の特別な新しいイラストのようですが、封筒は過去のものだそうです。

手紙の内容は、幼児向け(ひらがな)、子供向け(簡単な漢字)、一般向けと選べ、こちらも英語も可能です。またオリジナルメッセージは60文字まで入れられるようです。封筒には、お手紙と一緒にサンタクロースからのプレゼントが同封されるそうです。

11/4に早期割引は終わってしまいましたが、通常料金でまだ受付しています。1通1500円+ネコポス送料250円です。クリスマスに間に合うようにするには12/18に発送できるように入金すれば大丈夫なようです。

日本フィンランドサンタクロース協会

こちらは今調べていたら残念ながら12/1に申込み終了してしまったようなので紹介だけします。来年の参考にしてください。

専用はがきで「サンタさんへの手紙」を送ると、8月中旬には「サマーカード」が届くタイプです。お返事は夏になってしまいますがサンタさんとの往復でのやりとりが楽しめるのは、日本・フィンランドサンタクロース協会だけです。

近くの郵便局か、日本フィンランドサンタクロース協会のホームページから申し込むと、クリスマスシーズンにフィンランドのサンタクロース中央郵便局から「サンタさんからの手紙」が届きます。同封されている「サンタさんへの手紙」にメッセージを書き、切手を貼って投函します。すると、全員にサマーカードでお返事が届くそうです。素敵ですね!

サンタさんからの手紙の文章は、幼児向け、子ども〜一般向け、英文の3種類と他より少なめです。サンタさんからの手紙のあとに、P.S.(追伸)としてオリジナルメッセージが50文字以内で入れられます。お値段は1通1800円です。

カナダのサンタポスト

最後にカナダのサンタポスト。サンタさんから返事がくるという素敵なサービスなのですが、カナダの郵便局がなんと無料で行なっています。

お返事を書いているのは、サンタさんのお手伝いをしている郵便局の方!しかも英語で書けば英語で、日本語で書けば日本語でお返事が来るそうです!すごいですね。

カナダのサンタさんの住所はこちら。

Santa Claus
North Pole,
HOH OHO
Canada

AIR MAIL

差出人の住所も書くのを忘れずに!日本からは封書であれば110円の切手を貼って出します。返信用の封筒や切手は不要です。ただ、2020年は12/10が申込み期限。カナダまでは1週間から10日かかるので、コロナの影響で航空便も激減している今、クリスマスに間に合うかどうかはわかりません。

どこを選ぶか迷いますが…

どこも毎年素敵なイラストの便箋や封筒ですね。コレクションしたくなります。今年は終わってしまいましたが、お返事が欲しければサンタクロース協会、間に合わなくても良ければカナダポストですね。またはイラストの好みで選んでも良さそうです。

子どもはもちろん喜びそうですが、新型コロナでなかなか会えない大切な人へこんな特別なお手紙を送っても喜ばれそうです。

サンタさんからのお手紙を特別な人に。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
はるこ*いとをかしさん

5歳と2歳の兄弟を育てる医療系ワーママ。定期的に温泉に行きたくなる病。 子どもを産んだら可愛すぎたのでインスタとツイッターで育児絵日記を描き始めました。 頑張らない日々の育児絵日記、子どもの医療や健康のお話、2人のバタバタ子連れ旅行のお話などを綴ります。

はるこ*いとをかしさんの記事一覧 v-right