こんにちは、MARIEです。先日、神戸・六甲アイランドで開催されている「にじいろのさかな原画展」へ行ってきました。子どもと一緒に楽しめる素敵な展覧会だったので、見どころや混雑状況などをレポートします。

「にじうお」を見に行こう!

カラフルな色づかいの美しい絵が印象的な「にじいろのさかな」の絵本を持っている人も多いのではないでしょうか?11月21日から、神戸・六甲アイランドで「にじいろのさかな原画展~マーカス・フィスターの世界~」が神戸ファッション美術館で開催されています。

神戸ファッション美術館は、六甲ライナー「アイランドセンター駅」から徒歩3分の場所にあり、電車でのアクセスも便利。今回の展覧会では、入館料は一般1000円。高校生以下は入館料無料なのもうれしい!

「にじうお」の世界を体験できる!

受付から入場して、まず最初に見えるのが「にじうお」の美しい海の世界を体験できるCG映像コーナー。床や壁に映し出された映像は、まるで海の中にもぐっているような感覚にさせてくれます。そこに、にじうおやクジラ・タコなど本のキャラクターなども出てくるので、子どもたちは大喜び!

子どもたちは、パパとほとんどの時間をこの空間で過ごし、私はひとりでゆっくりと原画を観賞することができました(笑)。

原画の魅力に触れる

本展では、「にじいろのさかな」シリーズや、マーカス・フィスターの他作品の原画や絵コンテが展示されています。

「にじいろのさかな」は絵本を持っていますが、続編は読んだことがなく、予想以上に多くのシリーズ作品があったことに驚きました。原画の展示と共に、簡単なあらすじも書かれていたので、じっくり読んでから原画を観賞するとより楽しめました。

展示されている作品を近くで見ると、細かい描写やインクのにじみまで見え、印刷物では味わえない原画の魅力を感じます。

「にじいろのさかな」シリーズ以外の作品は初めて見ましたが、ふくろうやペンギン、カバなどどれも愛らしいキャラクターばかりで、他の作品も読んでみたくなりました!

オリジナルグッズもかわいい!

観賞した後は、つい記念に何か買いたくなりませんか?会場では、限定のオリジナルグッズや絵本などを販売しています。

欲しいものはたくさんありましたが、今回は絵本やじゆうちょう、カードなどを購入。

その日の夜にさっそく購入した絵本を子どもたちと読み、「楽しかったねー。」と、その日の感想を話しながら眠りました。

受付前でもらえる展覧会の目録は、裏面がぬりえになっているので、おうちに帰ってからのお楽しみになりますよ。

混雑状況とコロナ対策は?

現在、神戸ファッション美術館では、来館の際に事前予約は必要ありません。受付時に、アルコール消毒と検温があり、マスクの着用をお願いしていました。

私たちは休日の午前中に行きましたが、混雑はしておらず、ゆっくりと観賞することができました。SNSを見ていると、平日はかなり空いているようです。

展示会は来月17日まで開催しているので、ぜひ子どもと一緒ににじうおの世界を体験してみてくださいね!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
MARIEさん

幼稚園年中と2歳の一姫二太郎ママ。趣味はサルサと映画鑑賞。産後ダイエットのために家で日々、ズンバに励んでいます!

MARIEさんの記事一覧 v-right