/ 2021.01.15

レモンはスーパーで年中見かけますが、国産レモンの旬は冬ということはご存知でしょうか。「瀬戸内レモン」で有名な広島の無農薬レモンが手に入りましたので、自家製レモンシロップを仕込みました。

材料を漬け込むだけでとても簡単。作り方を紹介します。

材料

(作りやすい量)
・ガラス瓶
・レモン 3〜4個
・砂糖やはちみつ レモンと同量

レモンと砂糖が1:1になるようにします。砂糖をはちみつに変えるとまろやかに仕上がります。(今回は砂糖7割、はちみつ3割くらいの分量にしました)

作り方

ガラスの瓶をアルコールまたは煮沸消毒します。 よく乾かします。

レモンを水で洗い、よく水気を切ります。

レモンの両端を切り落とします。

レモンは皮に苦味がありますので、お子さんや、苦いものが苦手な方は皮を取り除いてください。わが家は大人用に皮付きのものと、子ども用に皮のないものの2種類を仕込みました。

レモンを2〜3mmの輪切りにします。種を竹串などで取り除きます。

ガラスの瓶にレモンと砂糖を交互に入れていきます。

レモンの断面を瓶の表に向けると写真映え◎ 砂糖を一部はちみつに変える場合は、最後にはちみつを流し入れます。

冷暗所にビンを保管します。1日1回、砂糖とレモンが混ざり合うよう、瓶を振るか、スプーンなどでかき混ぜます。

気温にもよりますがおよそ一週間ほどで砂糖が全て溶けたら完成!冬であればそのまま冷暗所で保管、気温が高い場合は冷蔵庫に保管するのが安心です。

仕込みのポイント

★レモンはノーワックスのものを使用しましょう
外国産のレモンでも、重曹や専用の洗剤で洗えば使用できるそうですが、ノーワックスのものの方が安心です。

★レモンを洗う際、タオルや布巾などで水気をよく切りましょう
砂糖と漬け込む際にカビが発生する原因になります。

おすすめの使い方は?

〈シロップ〉
シロップはお湯で割ったり、炭酸水で割ったりして、ドリンクにして楽しんでみてください。お酒が好きな人は、焼酎やビールなどで割ってもおいしそうです。(呑んべえの私は授乳中なので残念!)

ドリンクの他、お肉などと合わせて料理に使ったりドレッシングに使うこともできます。

おすすめ:ホットレモネード
わが家の子ども達は、ホットレモネードが気に入ったようです。今の時期は温かいドリンクでほっと一息つきたいですね。大人用に仕込んだ皮つきのものは、苦すぎることもなく、ちょうど良い甘さで飲みやすかったですよ。

〈残ったレモン果肉〉
果肉はパウンドケーキなどのお菓子作りに使ったり、紅茶に入れたり、煮込んでジャムにしたりして、余すことなくぜひ使ってください。

おすすめ:レモンティー
紅茶に入れるだけ!簡単!本格的なレモンの香りがして、贅沢な気分になります。ほんのり甘みがつくのも良い感じ。

今冬のおうち時間、子どもと一緒にレモンシロップ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏は自家製レモンスカッシュにしたいけれど、その前になくなっちゃいそう!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みなさん

4歳・2歳・0歳の男児を育てる育休中ママです。ドタバタな毎日ですが、季節の移ろいを感じて、心に余裕を持って生きていくことが目標。季節を楽しむハンドメイドや時短料理など、パパ・ママのくらしに”ちょっとゆとり”を与えられるような情報を発信していきます。

みなさんの記事一覧 v-right