離乳食講師と性教育アドバイザーのさいとうです。
先日、年に1回の健康診断に行ってきました。10年くらいずっと受けてきている健康診断ですが、数日前からドキドキして落ち着かなかったのは今年からバリウム検査の対象になったから(私の会社は35歳からバリウム検査が必須なんです)。

バリウムが嫌なら胃カメラに変更もできるみたいですが、カメラを口か鼻から胃まで通すのも想像するだけで怖いので、今年はバリウムを受けました。

思っていたより平気…かも!?

名前を呼ばれ、人生初体験のバリウム!発泡剤の粉を口に入れて、水で流し込む。シュワッと炭酸を感じて、「余裕じゃん!」と思っていたら、胃の中で膨れるのが分かるくらいの膨張感。

ちょっと苦しい。

続いて、恐怖のバリウム。渡されたのは、紙コップ1杯分のバリウム。

あれ?これだけ?

500ccくらい一気飲みするものだと思っていたので、ちょっと拍子抜け。それでも、味が合わなくて飲み込めないといけないから意を決して息を止めて飲みました。

ちゃんと味わっていませんがほんのりヨーグルト風味?を感じました。意外と大丈夫かも。ヨシ!残るは、撮影だけ。

検査技師のお姉さんの言う通り台の上でクルクルまわったり、腰をひねったり、胃を押されたり、まるで、まな板の上の魚状態。

「もう、どうにでもして〜。」と、心を無にしていたら、終わりました。

検査が終わって…えっ!?

検査室を出て、下剤をもらって終わりだったので「全然平気じゃん!」と思いながら家に帰りました。

…が!

家に帰ってから、胃が重い?いや、お腹が張ってる?なんか右脇腹が痛い?個人的には検査が終わってからの感覚のほうがつらかったです。

そういえば、説明のときに聞いたような…と渡された注意文を読み返してみると、バリウムが腸の内部から出ない状態が続くと、腹痛症状が出ることがあるとのこと。

さらに、バリウムが上手に出せないと開腹手術で出さなければならない状態になることもあるんだとか…。「開腹手術」の言葉がバリウムが身体から全て出るまで頭に浮かび、嫌なドキドキが続きました。

ふと、出産の後の後陣痛のときを思い出しました。あのときも、「え?終わってからもつらいなんて聞いてないんですけど!」って心のなかで叫びました。つらかったですよね。

とは言え、まだまだ子どもたちのためにも健康は維持していきたいので、食生活を気をつけること、そして年1回の健康診断は大切ですね。

バリウム検査は、想像していたより苦痛ではなかった(個人の感想)けれど 想像していなかった終了後のほうがつらかった(個人の感想)。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さいとう まよさん

愛知県出身で横浜在住、本業はフルタイムの会社員、副業として3才から教える性教育!パンツの教室インストラクターと赤ちゃんの舌を育てる和の離乳食インストラクターをしています。
家族は2016年生まれの息子と2019年生まれの娘、?料理人の夫と、2匹の猫と暮らしています。

さいとう まよさんの記事一覧 v-right