こんにちは、まかろんです。みなさん子どもの食事イライラしてしまうことはありませんか?ありますよね?私はしょっちゅうあります。

「楽しい食事」を意識して心穏やかにしよう、怒らないようにしよう...と決めていても、せっかく作った料理を秒でひっくり返されたときは、ショックと怒りがこみ上げてきます。だって!だって!ママだって人間だもの。

ほとんど手をつけられることもなく、床に散らばったご飯。悪気があってもなくても子どもはお皿をひっくり返す!泣

しかし、あるお皿を使ってから食事中のストレスがかなり減りました。今回は、わが家の離乳食後期から現在までお世話になっている食事アイテムを紹介します。

出産祝いでもらったこのお皿

「ラ・シェーズ ロング」というフランスの雑貨屋さんから誕生したブランドの食器。出産祝いでもらったのですが、イラストもかわいくてオシャレ!このお皿が、離乳食後期から現在まで大活躍。秘密はお皿の裏にあります。

裏が吸盤になっているのです!しかも、結構強力。

自分でも娘の食器を用意していたのですが、普通のお皿はことごとくひっくり返されてしまい、シリコンプレートは大きすぎて洗うのが面倒だったりと、最終的にいつも使うのはこのお皿でした!笑

離乳食後期の手づかみ食べ。お皿はひっくり返されることもなく無事。娘もお皿が動かず、固定されている方が食べやすそうでした。

スプーンの練習を始めた頃。ヨーグルトですごいですが、お皿はひっくり返されることもなく無事。

ちょこっとおやつをあげるときにも便利。違うお皿だと、食べ終わった瞬間にフリスビーのように飛んできます。このお皿のときは最後までひっくり返されることもなく無事。

吸盤の部分、簡単に取り外せてささっと洗えます。娘は2歳。お皿に手を添えて食べる練習をしているので、現在は吸盤は外した状態で使っています。まだまだ使いたいと思います!

納豆ご飯をあげるときは絶対にこのお皿を使います!笑

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
まかろんさん

30代夫婦、2歳の娘がいます。鋼のメンタルを持つフルタイム保育士ママ。週末は冷凍餃子をおつまみにビール!のんべぇママでもあります。趣味は音楽で、ギターが少し弾けます。しかし、ピアノは苦手です 笑

まかろんさんの記事一覧 v-right