/ 2021.01.25

皆さんは壁掛けタイプのカレンダーって使っていますか。私は自分自身のスケジュールは手帳で、家族のスケジュールは壁掛けタイプのカレンダーで管理しています。

3歳半の息子は、カレンダーを見るのが大好き。今日は保育園の日、あと何日保育園に行ったらお休み、この日はクッキーを作る!この日はお出かけ(コロナの影響で最近は少なくなってしまいましたが…)などを確認して楽しんでいます。

わが家で使用しているのは、敬愛している整理収納アドバイザーのEMIさん主宰「OURHOME」から出ている『かぞくのおもいで記録カレンダー』。ただスケジュールを書くだけでなく、おもいでに残る仕掛けがあります!

カレンダー表紙

カレンダーの書き方がわかりやすく書かれていますよ。右上には毎月、その月の目標を書きます。そして月が終わったら左上にその月の思い出、そして右上のお題に記入します。お題は毎月変わります。例えば、お正月の思い出、お年玉で買ったもの、などなど。

そして一年の終わりに上部が切り離せて、思い出の日記帳に変身する仕組みになっているのです!

写真も一枚貼れるようになっているので、さらにメモリアルに。

わが家では、2021年の年賀状を切って貼りました。これなら毎年続きそう。写真のプリントはハードルが高くてフォトアルバムが続かない…。写真立ても更新できていない…。(余談)

息子がお休みの日を色鉛筆で塗っている様子。スケジュールは子どもにもわかるように、簡単なイラストで描いています。

今年はコロナの影響により1月は習い事も全部キャンセルをしたため寂しいカレンダーなので、こちらは昨年のもの。(あぁ、昨年は旅行したなぁ〜。)

家族みんなのスケジュールがおもいでのアルバムに大変身!家族単位で一カ月を振り返ることができておすすめですよ!

早くたくさん遊びの予定が書き込める日常になりますように!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
keiさん

オーストラリア人の夫と3歳半の男の子&1歳半の女の子と4人で暮らしています。仕事はボードゲームや玩具の輸入卸会社で、コミュニケーション・ディレクター。『遊びで笑顔の子育てを』をモットーに、日々、子どもと一緒に楽しめることにアンテナを張っています。

keiさんの記事一覧 v-right