/ 2021.03.01

こんにちは、MARIEです。おうち時間が増えると、ついついテレビを見る時間も長くなってしまいませんか?

家では、子どもにテレビを見せている間に、さっと家事をやることが多いですが、疲れているときは、自分も一緒になってダラっと映画を見ちゃうこともあります。

そんなときに、親子で楽しめるかわいい映画を見つけたので紹介します!

かわいいの大渋滞!映画「オンネリとアンネリのおうち」

「オンネリとアンネリのおうち」は、フィンランドの有名な児童文学が原作の映画。

親友同士のオンネリとアンネリが、ひょんなことから、自分たちの家を買い2人だけで生活しながら、ご近所さんと交流して問題を解決していくお話です。

この映画のみどころは、何といっても、画面に映るすべてがかわいいこと!

さすが、ハイセンスな北欧。衣装や部屋やインテリアから、何から何までどこを見てもかわいいんです!

子ども同士で一緒に住んで、毎日おいしいおかしを食べて、かわいい服を着られるなんて、最高!子どもの夢が全部詰まったようなストーリーと愛すべきキャラクターたちに癒やされます。

オンネリとアンネリの正直でピュアな姿を見ていると、心が洗われるようなので、「オンネリとアンネリのおうち」は、私のデトックスムービーとして、お気に入り作品になりました。

でも、かわいいだけで終わらない!

オンネリとアンネリの2人が、自分たちだけの家に住みたいという背景には、家事と9人の育児に手いっぱいで、オンネリがいないことにも気がつかない母親。

恋人がいて、アンネリのことにあまり目をかけられていない父親がいます。寂しそうな2人を見ていると、少しぎくりとしてしまいました。

自分は子どもにそんな想いをさせていないだろうか?下の子が産まれてから、上の子には自分でやって、しっかりしてと、厳しい言葉ばかりかけています。

以前は、ちょっとしたことで褒めていたのに、今ではなにかできても当たり前。そんな態度で上の子に接している自分に反省しました。

「オンネリとアンネリのおうち」は、Amazonプライム会員なら、無料で観賞できます。私もまだ見れていませんが、続編も2作あります(続編はプライムビデオでは有料)。

「子どもたちだけで生活できるわけないやん!」と考えずに、ファンタジー映画の世界観にどっぷり浸り、心のデトックスしてみてはいかがでしょうか?

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
MARIEさん

幼稚園年中と2歳の一姫二太郎ママ。趣味はサルサと映画鑑賞。産後ダイエットのために家で日々、ズンバに励んでいます!

MARIEさんの記事一覧 v-right