/ 2021.03.08

3月8日は「ミモザの日」

黄色くフワフワなお花がかわいいミモザ。ちょうど今満開を迎えている地域も多いと思います。今回はそんなミモザを使った押し花のしおりの作り方を3ステップで紹介します。

前回ミモザを使った簡単スワッグの作り方も紹介していますので、見てみてください。リンクは一番下にあります。

材料

・ミモザ
・ラミネートフィルム(100均などで売ってます)
・新聞紙、ティッシュペーパー
・穴あけパンチ
・好きな紐やリボン

1.押し花を作る

ミモザはドライにしやすいお花なので、押し花も簡単にできます。ティッシュペーパーに挟んで、上から新聞紙で挟みます。辞書や図鑑など重たい本の間に数日置いておけば完成です。

2.ラミネートフィルムに挟む

手貼りラミネートフィルムに挟みます。

事前に配置を考えてからフィルムに挟むとスムーズ◎スマホのフィルムを貼る要領で空気を抜いていきます。

しおりのサイズにハサミで切ります。お花に近すぎるとフィルムが取れてしまうので、少し大きめに。

3.穴を開けて紐を通す

穴あけパンチで穴を開けて、そこに紐を通します。輪を作って、輪になっていない方(両端)を通します。

両端を輪に通して、ギュッと締めればできあがり!

完成!

これなら少しのミモザでも作れます。

読みかけの本に挟むのも良いですし、私は手帳に挟んで使っています。私が使っているのを見て、夫から作ってとリクエストされてしまいました。(←意外とかわいいもの好き)

押し花なら枯れることもないですし、ミモザを長く楽しむこともできます。

お子さんと一緒に押し花を作ってみるのも良いですね。簡単なので、ぜひやってみてください!

しおりに春を閉じ込めよう

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みなさん

4歳・2歳・0歳の男児を育てる育休中ママです。ドタバタな毎日ですが、季節の移ろいを感じて、心に余裕を持って生きていくことが目標。季節を楽しむハンドメイドや時短料理など、パパ・ママのくらしに”ちょっとゆとり”を与えられるような情報を発信していきます。

みなさんの記事一覧 v-right