/ 2021.03.16

みんな大好き「モルダウ」

こんにちは。pirokoです。今日はスメタナ作曲・わが祖国の「モルダウ」。

20うん年前!? の楽譜ありました!

皆さん「モルダウ」を中学生の音楽の時間や合唱コンクールなどでうたいませんでしたか?私は中学3年生の合唱コンクールで伴奏をしたことを今でも鮮明に覚えています。

もちろん当時はふつうの白黒楽譜でしがた、今は茶色に変色しています(笑)。でもそのくらい思い入れがあったので今でも残っていたのだと思います。

この曲のストーリーにあわせて映像も作りました

「モルダウ」は、チェコのモルダウ川の源流からプラハ市内へと続く、上流から下流への川の情景が鮮明に描写されています。

まずチェコの山奥深いモルダウ川の水源から雪が溶けて水が集まっていく様子。

森を抜け、勇壮な狩人が横切り、そして角笛が響き渡り、村の結婚式の傍を行き過ぎ、月明かりの静寂の中、水辺を妖精が舞い踊る。

やがて、徐々に水量が増えていき、突然の急流に水しぶきが上がる。

いよいよプラハ市内に入り、勇壮な古城を讃えるかのごとく華やかな演奏が続き、そしてモルダウ川はプラハ市内を抜け悠然と流れ続けていきます。

ストーリーを知った上で聞くと本当にその情景が思い浮かぶ音楽になっています。是非この曲の意味を知った上で聴いてみて下さい!

下記のリンクから実際の演奏とかな~り凝って作った映像見られます!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
pirokoさん

8・5・0歳児の超アクティブママ。親子そろって様々なことにチャレンジ!
勉強はもちろんスポーツも音楽も一緒に楽しみながら独自の教育法でスーパーキッズにさせるべく育児奮闘中
娘バイオリン・ママピアノで親子音楽YouTuberとしても活動☆

pirokoさんの記事一覧 v-right