/ 2021.04.18

それは突然の出来事でした

先日、夜中に急に3歳の息子が「おちんちんが痛い〜」と突然泣き出しました。暗い寝室でオムツ(夜だけまだオムツを履いています)を下ろして見てみたのですが、よくわからず…。

ポジションかな?と思い、「大きくなってるからかなー。これで大丈夫?」と言いながら位置を動かしてみました。

それでも「まだ痛いよ〜。どうしたらいいのー?」と半泣きで眠れず。

でも本人も起きて泣くわけでもなく、半分寝ながらうめいてるような感じだったので、私は腰や背中をさすって「大丈夫だよー」と言い続け、30分後、息子はまた眠りにつきました。

そのとき夫は…

夫は、隣の部屋で下の子と寝ています。うめいている息子のオムツをおろして見てもわからなかったので、「ちょっとまっててね」と声をかけ、隣室の夫の元へ。

寝ている夫を揺すって起こし、「おちんちん痛いって泣いてるんだけど、どうしたらいい?」と聞くと、頭だけおこし「分からない〜」と言ってまた眠りにつきました。

私は「そうだよね、同じ男性だからって、わからないよね。」

と途方に暮れた気持ちになりながら自分の寝室に戻り、息子に添い寝しながら背中やお腹をさするしかできませんでした。

翌朝、小児科へ

その間、ない知識が頭をぐるぐる。

「これは精通?いや、あれは思春期のはず。炎症かな〜?(雑誌ひよこクラブで見た)でも見た感じ、腫れて変形してる感じでもないしな〜…」と勉強不足を悔やみました。

そして翌朝1番に小児科へ。診断は、包皮炎でした。

見た目は、先っぽが少し赤いかな〜くらいだったのですが、パンツに小さなシミが(先生に言われるまで気づかず)。膿が出ていました。

薬を塗ってもらい、抗生剤も処方され、それからは痛いと言うことはなくなりひと安心でした。

そしてまさかのオチが

その夜、夫に病院での診断の報告をしたのですが、「へー、そんなことあったの!」と初めて聞くような顔。

なんと夜中に起こした記憶がありませんでした!(笑)

「息子が泣いてるのに寝るわけないやろー!(笑)」って夫自身もびっくりしていました。

痛がったら泌尿器科がベスト

今回は包皮炎で終わりましたが、精巣捻転という怖い病気の場合もあるそうです(その場合は精巣が痛くなります)。

精巣捻転の場合は、ねじれてから6時間以内に手術しないと精巣が壊死してしまいます。

CTをとったり血液量を測ったりしないと診断できないため、小児科では診断が難しく、泌尿器科につれていくのがベストです。

そんな怖い病気の場合もあることを頭に入れておくといいと思いました。

※精巣捻転についてはTwitterで話題になった体験談漫画をリンクに載せていますので、ご覧ください。

子どもの病気、様子見のことが多いけれど、おちんちん周りのときは泌尿器科へ!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
スマイルさん

東京都在住。年少の息子と2歳差の娘を持つ会社員ワーママです。
食べ歩きと旅行が好きで、第2子妊娠中にフィリピンへ1か月間の親子留学もしました。最近ハマっているのはホットクック(電気調理鍋)の作り置きです。

スマイルさんの記事一覧 v-right