/ 2021.05.10

3番目の末娘がこの春幼稚園に入園し、私にとっては約4年ぶりのひとり時間がやってきました。在宅フリーランスWebデザイナーなので、昼間にまるまる自分のために仕事ができることが夢のよう…!

でも入園してすぐは短縮保育なので、昼前には帰ってきたりとあまり自分時間の実感がなかったのですが、ようやくGWも開けて通常保育。娘のいない昼間時間を堪能できるようになりました。

娘が生まれてから約4年。買い物に行くのも、役所や銀行に行くのも、兄弟の送り迎えにも、学校行事にもずっと娘と一緒に行動していました。

今振り返ると、それはそれで娘と一緒にいれて幸せな時間だったけれど、でもやっぱりしんどい時も面倒くさいときもありました。ようやくひとり時間を手に入れた今、率直に思うことを記してみます。

1)心が軽くなった

娘が生まれてからこれまで毎日娘と一緒に過ごしてました。それは「この子を育てあげるのは私しかいない」という無言のプレッシャーがあったように思います。

上の兄弟2人は保育園に行っていたため、保育園の先生方に子育ての悩みを相談できたり、と保育園にはとてもお世話になりました。

また、給食やトイレトレーニングなどの様子を園で聞くたび、私の知らないところで息子たちも頑張っていたり、この保育園を通した社会生活は親子ともども本当によい経験になりました。

でも、娘は保育園には行かなかったため、私の作った全ての食事のみで大きくなり、トイトレもおうちでの遊びもすべて我流という状況に、なんだかごめんね、私なんかのやり方で大丈夫なのかな?と少し罪悪感があったように思います(もちろん主人や友達、公園や支援センターなどとの関わりもありましたが)。

そんな生活から、幼稚園では先生やお友達と関わって多様な方法で成長していけると思うと、とても安心感があり自分がやらなければならないという使命感からは解放され、少し心が軽くなったような気がします。

2)気兼ねなく仕事ができる

私は在宅Webデザイナーなんですが、娘は保育園には入れずに自宅保育をしながら仕事をしてきました。なので、まとまった仕事時間を作るのは一苦労で、お客様との電話中に娘が邪魔してくることも数知れず…。

一時保育を使ったり、睡眠時間を削ってなんとか仕事をこなしてきましたが、それも娘が幼稚園に入園してからは気兼ねなく昼間に仕事ができることが心の底からうれしいのです!自宅保育をしながらの在宅ワークは本当に難しいです。

3)部屋がきれいになった

娘と一緒に家の中で遊んでいるとおもちゃが次から次へと出てきて、片付けを促しても全然片付けることもなく…。

もはや足の踏み場はない状態。夜に娘が眠っている間に片付けようと思っても、一緒に寝落ちしてしまったり、寝落ちを回避できてももはやその頃には片付ける気力もなく、常に部屋が散らかっている状態でした。

それが娘が幼稚園に行っている間に、朝家事のルーティーンとしておもちゃを片付ける時間ができたので、娘が幼稚園から帰ってくるまでは部屋をきれいな状態に保てます(本当は自分でお片付けしてほしい…)。

4)規則正しい生活ができる

毎日幼稚園に行く生活は、毎日のタイムスケジュールがきっちり出来上がります。

娘はバス通園なので、バス停到着時刻という不動の時間があるので、私もその時間に向けて必死でスケジュールを調整しています(よく乗り遅れて、園まで送って行くときもありますが…)。

以前はお昼寝があったので毎日の就寝時間がバラバラでしたが、今は幼稚園帰宅後のタイムスケジュールもだいたい決まっていて、お風呂、夜ご飯を食べたら、20時頃にはもうコテっと寝ています。

慣れない幼稚園生活で疲れているのだと思いますが、日中に幼稚園でたくさん遊んで帰ってきてくれるのは本当にありがたいですね。私が寝落ちすることもほとんどなくなりました。

あとは、なるべく昼間の時間に夕食準備をしようと思っていますが、なかなかできないのはナゼでしょう…(汗)。

ーーーー
幼稚園入園の私にとってのメリットを紹介してきましたが、いかがでしょうか。

とはいえ、生まれてから幼稚園に入るまでの約4年間をこんなにわが子と一緒に過ごせることももうあまりないのかと思うと寂しい気持ちもありますが、こうやって子どもは大きくなっていくのだなと前向きに捉えて、娘の成長を見守っていきたいと思います。

私もようやく仕事に本腰を入れ、娘を見習って何か新しいことに挑戦したいなと考えています!

やっぱりひとり時間は最高!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
なちぐろさん

大阪在住の2男1女の3人の母です。フリーランスでWebの仕事をしています。好奇心旺盛で新しいコトが大好き!変化を楽しむタイプです。

なちぐろさんの記事一覧 v-right