/ 2021.05.06

それはある夜のこと…

わが家は小学3年生の女の子と保育園児の男の子の姉弟です。ある晩、子どもたちと一緒にお布団に入ってしばらくした頃、弟が「寝れない~」と言い出しました。

怖い夢を見るんじゃないかと思うと心配で寝れないとのこと。なだめようとしたとき、姉がこんなことを言いました。

娘が提案したこととは…

あのね、楽しいことを思い浮かべるんだよ!私はね、いつもこんなことを考えるとワクワクして楽しくなるよ。今度いつ遊園地に行けるかな、とか明日の夜ご飯は何かな、とか。

なんだか胸に刺さる!

遊園地については分かります。遊園地は考えるだけで楽しい!でも、明日の夜ご飯は何かなと考えるだけで楽しくなるなんて…!

夜ご飯のメニューを考えるのは正直めんどくさい。でも、それを決める権利があるなんて、すごく幸せなことなのかも!

小さな幸せを大切にする、忘れかけていたことを思い出させてくれた一件でした。

子どもって、小さな幸せを見つける天才ですよね!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ヒロコッティさん

ずぼら主婦兼会社員。 子どもと過ごせる時間が短いからこそ、家族の休日には楽しいお出掛けに繰り出しています。 趣味は、ずぼら流ハンドメイド。

ヒロコッティさんの記事一覧 v-right